このページの本文へ

物欲AVコモノ道 第11回

これは侮れない! 約1万円で買える注目イヤフォン3機種

2009年06月19日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カラーバリエーションが豊富な「SE115」

ケーブルを耳の上に回すように装着する

ケーブルを耳の上に回すように装着する

 プロ向けの音響機器で有名なShure社製の「SE115」(Amazonの販売価格は8982円)は、同社のカナル型イヤフォンの中でも低価格帯に位置する製品だ。上位モデルではバランスド・アーマチュア型が採用されているが、この製品ではダイナミック型が使われている。

 装着方法はハウジング部から伸びたケーブルを耳に引っかけて後頭部に流すタイプで、チューブを用いて左右のケーブルの長さを調整できる。イヤーピースはシリコンラバー素材の「ソフト・フレックス・イヤパッド」と、ウレタン素材の「ソフト・フォーム・イヤパッド」のそれぞれS/M/Lサイズが付属している。

ソフト・フォーム・イヤパッドを取り付けたところ。ふわっとした感触で、耳に入れると穴の形にフィットして遮音性を高める

ソフト・フォーム・イヤパッドを取り付けたところ。ふわっとした感触で、耳に入れると穴の形にフィットして遮音性を高める

 素材の違いで大きいのは付け心地で、ソフト・フレックス・イヤパッドの方が圧迫感は少ない。ただ遮音性はソフト・フォーム・イヤパッドの方が高い。この点を勘案しつつ、いずれかを選択することになる。

 カラーバリエーションが豊富で、レッド×ブラック、ブルー×ブラック、ピンク×ブラック、ブラックの4種類が用意されている。手持ちの携帯型オーディオプレーヤーに合わせて色を選べるのは嬉しい。


レコーディング時のモニター利用も想定されている「RH-ED1」

RH-ED1を装着したところ

RH-ED1もSE115と同じく、耳の上にケーブルを回す形で装着する。耳へのフィット感は高く、付け心地は上々

 EDIROLブランドで発売されているローランドの「RH-ED1」(Amazonの販売価格は7980円)は、レコーディング時のモニター用途から通常のリスニングまで想定して作られたイヤフォンだ。ユニットの駆動方式は、ほかの2製品と同じくダイナミック型を採用している。

イヤーピースはサイズ別に3種類を用意

付属のイヤーピースはサイズ別に3種類

 ハウジング部は大きめで、それに柔らかいゴム素材のイヤーピースが取り付けられている。イヤーピースはS/M/Lの3サイズが製品に付属している。

  SE115と同じくケーブルを耳に掛ける形で、ケーブルが多少引っ張られてもすぐに抜け落ちる心配はない。ケーブルは分岐している部分にチューブが取り付けられてあり、これを使って左右の長さを調整できる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画