このページの本文へ

LOOX Mが早くもモデルチェンジ、画面が縦600に!

2009年06月17日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新色2色を追加した「FMV-BIBLO LOOX M」

新色2色を追加した「FMV-BIBLO LOOX M」

 富士通(株)は17日、同社初のネットブック「FMV-BIBLO LOOX M」(以下LOOX Mシリーズ)の新製品を発表した。従来機種より若干の高速化と画面の拡大、カラーバリエーションの追加が行なわれている。店頭販売モデルの価格は全機種オープンプライス。

 先代のLOOX Mこと「LOOX M/D10」は、4月下旬に発売されたばかりだが、すでにほぼ完売状態という人気製品になったという。そこで、他社の同級機と比較して従来機種の弱点と言われていた部分を改良したマイナーチェンジ版として、新製品「LOOX M/D15」が登場することとなった。

新色の目玉「ライトラベンダー」

新色の目玉「ライトラベンダー」。天板とパームレストが明るい紫、キーボードやディスプレー周りは白、本体裏面側は黒という配色

 新製品での特徴は3点。まずCPUが若干強化され、Atom Nシリーズでは最速のAtom N280(1.66GHz)となった(旧機種はAtom N270)。次に、弱点であったディスプレー解像度が変更され、10.1型のサイズはそのままに、1024×600ドットに向上した(旧機種は1024×576ドット)。最後の特徴はカラーバリエーションの追加。旧機種では直販サイト「富士通 WEB MART」限定色だった「シャイニーブラック」と、まったくの新色「ライトラベンダー」が加わり4色のカラーバリエーションが用意されることとなった。

 天板の耐加圧200kgfの堅牢性や、国語/英和/和英/漢字の電子辞書ソフトプレインストールといった従来機種の特徴は、そのまま継承している。本体サイズや約1.2kgの重さも変わっていない。

 予想実売価格は、本体のみの価格が6万円前後(全色)で、Office Personal 2007 2年間ライセンス版付属モデルが7万円前後(本体色はミルクホワイトとルビーレッドのみ)。WEB MART限定のOffice Personal 2007(制限無し)付属モデルは8万円前後とされている。発売日は6月20日の予定(ライトラベンダーのみ27日の予定)。

LOOX M/D15の主な仕様
CPU Atom N280(1.66GHz)
メモリー 1GB
グラフィックス Intel 945GSE Expressチップセット内蔵
ディスプレー 10.1型ワイド 1024×600ドット
HDD 160GB
光学ドライブ 搭載せず
無線通信機能 IEEE 802.11b/g、Bluetooth 2.1
サイズ 幅258×奥行き189×高さ29~34mm
質量 約1.2kg
バッテリー駆動時間 約2.7時間(JEITA測定法1.0)
OS Windows XP Home Edition SP3
予想実売価格 6万円前後(本体のみ)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン