このページの本文へ

客の4割は他サイトと比較せず購入、調査会社調べ

2009年06月15日 21時57分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 モバイルリサーチを展開するネットエイジア(三清慎一郎社長)では、10代~40代の男女を対象に、モバイルのEコマースについての意識調査を実施し、計800名の有効サンプルを得た。

携帯でのショッピングでの比較は「比較しない(0サイト)」が4割、ネットエイジア調べ  携帯でのショッピングでの比較は「比較しない(0サイト)」が4割、ネットエイジア調べ

 調査によると、パソコンとモバイルのインターネットのどちらが使う時間が長いかについて、「パソコン」が全体の49.1%、「モバイル」が50.9%という結果となった。また、年代が低いほどモバイルメインユーザーが多くなっていることが判明した。

 モバイルのインターネットを使っての商品購入経験については、モバイルメインユーザーの方がモバイルでのEコマース経験が高いことがうかがえる結果となった。

 モバイルEコマースでの購入経験回数については、モバイルメインユーザーで、モバイルEコマースの経験がある場合、半数以上の人(65.0%)が「5回以上」と回答しており、モバイルEコマースが浸透している様子がうかがえる。

 モバイルEコマースでよく購入する商品は、1位が「DVDやCD」で43.9%、2位は「書籍」で34.6%、3位は「洋服」で27.8%、4位は同率で「サプリメントや医薬品」、「チケット」で24.2%。5位は「日用品」で23.0%という結果となった。

 また、モバイルEコマースを利用する際にいくつくらいのサイトを比較するのかについて聞いた。全体の平均は1.7サイトで、最も多かった回答は、「比較しない(0サイト)」という回答が38.6%となった。次に多かった回答は、「3つ」で24.0%、「2つ」で21.3%。なお、PCメインユーザーとモバイルメインユーザーで、ほとんど差はない。

 また、PCメインユーザーでモバイルEコマース利用したい人は4人に1人となっており、モバイルメインユーザーは日頃からモバイルのインターネットに親しんでいる分、モバイルEコマースの利用に対する抵抗感がPCメインユーザーより低いのではないかと推察している。

【記事提供】

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く