このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2009レポート第20回

Lian-Liの新作はツールレスケースが多数

2009年06月10日 23時00分更新

文● 近江 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEXの会場で比較的大きなブースを構えていたLian-Liは、まだ市場に登場していないPCケースを数多く展示していた。今回の同社の製品の特徴は、従来から投入していた製品の熟成という部分にあるのだろう。余計なギミックを使用しない質実剛健なアルミPCケースを作るメーカーというイメージが強いが、新たにツールレスでパーツを増設可能な機構を搭載するなど、他社の進化に合わせるように、その形態も変えてきている。

拡張スロットはこのようなレバーを使ったロック式を採用している。増設カードの取り付けは面倒なことが多いので、自作ユーザーにとってはこういった機能は嬉しい

 多くのミドルタワー以上の新製品で搭載されていたのが、拡張カードスロットへ接続するカードをレバー式のロックで固定することによりネジレスで使用できるようにする機構だ。拡張スロットへのカードの増設は面倒なことが多いため、頻繁に入れ替えるという自作ユーザーには嬉しいものと言えよう。
 また、3.5インチシャドウベイにHDDなどを接続する際には、シャドウベイの支柱に内蔵されたスライド式のレバーを移動させることにより、こちらもツールレスでの着脱ができるようになっている。もちろん5インチのオープンベイもレバー式の着脱装置が取り付けられており、同社はツールレスでの着脱というところに主眼を置いて、今後の製品のラインナップを増やして行くようだ。

3.5インチシャドウベイの支柱にロック機構が内蔵されている。レバーを下げることにより、真ん中の写真のようにすべてのベイのロックが解放される。これで簡単にスライドさせて取り出せるのだ

PC-P50R

 ゲーマー向けのハイエンドモデルで、製品名からわかる通り、内部は赤く塗装されている。5インチオープンベイは9つ用意されているが、そのうち3つは3.5インチのシャドウベイとして利用できる。ファンはフロントに12㎝角ファン(1200rpm)×1、天板部に14㎝角ファン(900rpm)×2、リアに12㎝角ファン(1200rpm)×1の計4つが搭載されている。サイズは210×495×490㎜。発売は6月中旬を予定しており、233ドル。日本での発売は未定だ。

ミドルタワーモデルである「PC-P50R」。フロントアクセスポートおよびスイッチ類は天板部に用意されており、構成はUSB×2、アナログ音声入出力×各1となっている
天板はドライバレスで簡単に外せる。ちなみにこのファンも、フロントパネル側にちょっとずらすことで簡単に外せる。ファンには振動吸収用のシリコンに覆われたネジが取り付けられているので、ビビリなどもないだろう
これが内部。燃えるような赤いデザインが映える
電源部にもちょっとしたギミックが。電源の回りのベルトのようなものは振動防止用の金具。内側にはラバーが取り付けられており、しっかりと電源ユニットをホールドする。なお電源の吸気口にはフィルタも装着できる
ドライバレスでのパーツの取り付けができるのが今回のLian-Liの製品の特徴。左はカードスロット部分、右は5インチベイ部分だ
3.5インチベイ部分はどうなっているのかというと、このような専用取り付けケースが用意されている。HDDを置いて、ロックをかけるだけで取り付けできる
ケーブルの取り回しも考えられている。ケーブル固定装置も底面部分とM/B横に用意

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中