このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第105回

GH1で写真嫌いの猫をこっそり撮る

2009年06月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GH1ならではの秘儀!

 時には、こっそりと隠し撮りもしたりして。

テーブルの下から毛繕い姿をこっそり。テーブルの脚が写ってるだけで妙に盗撮っぽくなっちゃうところが面白い(2009年5月 パナソニック DMC-GH1)

テーブルの下から毛繕い姿をこっそり。テーブルの脚が写ってるだけで妙に盗撮っぽくなっちゃうところが面白い(2009年5月 パナソニック DMC-GH1)

 GH1みたいに液晶モニタが回転すると地面スレスレアングルも撮りやすくていいのだ。

 そして撮影者の気配を消す究極の撮影方法を発見したのである。それは秘技「頭越し逆さ撮り」っ。液晶モニターが回転するGH1ならではの技だ。

逆さ撮りで大五郎を狙ってる図。後ろの白い棚の上に大五郎がいるのだ……って、秘技っていうほどのもんでもないです

逆さ撮りで大五郎を狙ってる図。後ろの白い棚の上に大五郎がいるのだ……って、秘技っていうほどのもんでもないです

 カメラを上下ひっくり返して後ろ向きに持ち、液晶モニターを反転させて後ろの映像をチェックしながら撮るのである……ちなみにシャッターは右手の親指で。なんか写真で見るとヘンな姿ですな。

 わざわざカメラを上下逆にしなくても、左手でシャッターを押せばいいんだけど、逆さにして右手で撮る方が安定するので。わたしはいつでも右手でシャッターを押す派です。

 もちろん写真は上下逆さに写るけど、それはあとで180度回転させれば問題なし。

頭越し逆さ撮りで撮ったほぼ真上にいた大五郎。カメラをまったく意識しない姿を撮れるのがちょっと楽しい(2009年6月 パナソニック DMC-GH1)

頭越し逆さ撮りで撮った、ほぼ真上にいる大五郎。カメラをまったく意識しない姿を撮れるのがちょっと楽しい(2009年6月 パナソニック DMC-GH1)



筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走り回りながら面白いものを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方』(MdN)、『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)。密かにネコ動画ポッドキャストも更新中。



*次回は 6月18日掲載予定

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン