このページの本文へ

オンライン登録でUQ WiMAXが利用可能に

今度のAtermにはモバイルWiMAXアダプタが付けられる

2009年06月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECとNECアクセステクニカは6月8日、モバイルWiMAX用アダプタを7月初旬より出荷すると発表した。USBアダプタの「AtermWM3200U」とPCカード(CardBus)アダプタの「AtermWM3200」の2製品。

AtermWM3200U(左)とAtermWM3200。どちらもUQコミュニケーションズが既に提供している端末の同等品だ

 AtermWM3200Uは、端末内にドライバソフトウェアを搭載しており、USBポートに接続するだけでドライバがインストールされる。そのため、光学ドライブなどを搭載せず、通信環境がまだ使えない機器などでも特別な用意をすることなく利用できる。

 両製品ともアクセスポイントなどは用意されず、基本的には、7月1日より有料サービスが始まるUQコミュニケーションズのモバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」用の端末となる。また「BIGLOBE WiMAX」のような、UQ WiMAXを使ったMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するサービスにも対応する。

 UQコミュニケーションズは、WiMAX端末購入者向けに、同社およびMVNOのWiMAXサービスとの契約をオンラインで行なえる「WiMAX統合ポータル機能」の提供を予定している。AtermWM3200UとAtermWM3200も、このWiMAX統合ポータル機能でサービス登録といった使い方ができると見られる。

「WiMAX統合ポータル機能」利用イメージ(UQコミュニケーションズの発表資料より)

カテゴリートップへ

ピックアップ