このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2009レポート第15回

創立10周年のThermaltakeが見せた本気とは?

2009年06月08日 20時00分更新

文● 北村明弘/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 強烈なインパクトを残すPCケース「Level 10 Extream Gaming Station」をCOMPUTEXで発表したThermaltake。同社は今年で創立10周年ということで、「Level 10」以外にもかなりの数の野心作を展示していた。日本で発売されるものを中心に、同社のブースで見た新製品を紹介していこう。

5本のヒートパイプと2基の12cmファンを搭載したGPUクーラー「ISGC-V320」。10~12月頃発売予定LGA1156専用とすることで価格を抑えたCPUクーラー「Silent1156」。対応CPUの発売に合わせて出荷予定で、価格は3000円前後
発売中のCPUクーラー「SpinQ」(写真左奥)を、垂直に立てた形の「SpinQ VT」。日本での発売日と価格は未定対応ソケットはLGA1156/1366/775、Socket AM3/AM2+/AM2/754/939
5インチベイ4段を使用するガス冷ユニット「RCB400」。ガス冷付きPCケース「XPRESSAR(VG40031N2Z)」の冷却システムをユニット化したもので、CPU用(RCB400P)とGPU用(RCB400G)の2種類がある2種類とも接続すると8段分の5インチベイを使い、写真のように太いチューブが2本ケース内を走ることになる。現在のところ発売日と価格は未定
日本で7月に発売予定の電源「Litepower 500W」。「80 PLUS」認証済みで、価格は9000円台とのことカラフルなLEDを搭載した14cmファン内蔵の「EVO_Blue 750W」。着脱式ケーブルのソケット周りも青く光っている。日本での発売日は未定だが、価格は1万8000円前後になる予定
同社10周年記念モデルとなる「Toughpower Grand」。PCケース「Level 10」と「Element」シリーズに合うようにデザインされている。「80 PLUS SILVER」を取得しており、7年保証も付く自信作だ「80 PLUS GOLD」を取得した「Toughpower Cable Management 700W」。日本での発売は未定。仮に発売したとしても同社の750W電源が4個買えるくらいの価格になるとのこと
某ゲーム機を彷彿とさせる3.5インチHDDケース「Vi-on」。メッシュ部から吸気し、底面から排気するシステムカラーはホワイトとブラックの2色。2.5インチHDD用もラインナップしている。これらは日本では7月3日に発売予定

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中