このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Excelでマスター「ビジネスデータ分析」実践の極意 第4回

Excelデータの並べ替えでお手軽分析!

2009年06月10日 09時00分更新

文● 住中光夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「データを絞り込み、必要なデータのみ表示する」操作解説
複数条件でデータを絞り込む

ページ欄での複数項目指定

 膨大なデータの中から「A課Bさん担当のC商品の売り上げ」のようにピンポイントで見たいデータもあります。この場合、ページ欄に複数項目を入れ、条件とする内容を選択してデータを絞り込みます。


操作事例

 売上データから「課別業種別売上表」のピボットテーブルを作成します。

 売上データから、営業1課の山本哲朗さんが担当するスーパーの、得意先別売上表を作成します。抽出条件として[課名]から「営業1課」、[担当者名]から「山本哲朗」、[業種名]から「スーパー」を指定します。


操作1――
抽出条件付き「得意先別売上表」の作成

 ここではサンプルとして「売上データ1.xls」を開きます。ピボットテーブルを起動し(関連記事)、[課名]と[担当者名][業種名]をページ欄へ、[得意先]を行欄へ、[売上額]をデータ欄へドラッグします。

分析元となるデータ

分析元となるデータ

ピボットテーブルを起動して項目名をそれぞれ配置する

ピボットテーブルを起動して項目名をそれぞれ配置する


操作2――
抽出条件1の指定

 1つ目の抽出条件を設定します。ここでは、ページ欄のB1にある[課名]の下矢印ボタンをクリックし、「営業1課」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

抽出条件としてまず営業1課を選択

抽出条件としてまず営業1課を選択


操作3――
抽出条件2の指定

 2つ目の抽出条件を指定します。ここでは、[担当者名]の下矢印ボタンをクリックし、条件としたい「山本哲朗」を選択して[OK]ボタンをクリックします。

抽出条件2として担当者名から条件を選択

同様に抽出条件2として担当者名から条件を選択


操作4――
抽出条件3の指定

 3つ目の抽出条件を指定します。[業種名]の下矢印ボタンをクリックして、条件としたい「スーパー」を選択して[OK]ボタンをクリックします。

抽出条件3として業種名から条件を選択

抽出条件3として業種名から条件を選択


解説――
3つの条件で抽出されたデータ

 これで、営業1課の山本哲朗さんが担当するスーパーだけの得意先別売上表が完成しました。

 このように複数条件で絞り込んだ表(抽出表)を、簡単に作成することができます。

3つの抽出条件で絞り込んだデータ

3つの抽出条件で絞り込んだデータ


解説――
条件設定済みグラフの作成

 上記で作成したピボットテーブルで[グラフウィザード]ボタンをクリックすると、3つの条件が設定されたグラフが作成されます。

 またここで、図のように条件設定を変更して、別の条件のグラフにすぐに変更できます。

絞り込んだデータを元にグラフを作成

絞り込んだデータを元にグラフを作成


 次週はグラフを使い分けて傾向を強調する分析手法を紹介します。


■より詳しくなりたい人にオススメBOOK(Amazon.co.jp)


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ