このページの本文へ

先週の発売ラッシュから一転してタイトルは一桁に!

2009年06月04日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発売前からネットを中心に話題を集めていたWii用のRPG「アークライズ ファンタジア」が登場した。同作品は携帯ゲーム機用として「ルミナスアーク」や「ワールド・デストラクション」などのヒット作を生み出してきたイメージエポック初の据え置き機タイトル。
 秋葉原のショップでは、この日は先週発売されたタイトルの多かったこともあり終始まったりムードとなっており、大きく展開を見せていたショップは見当たらなかったが、あるショップスタッフからは「WiiのRPG作品は当たり外れの振れ幅が大きいですが、これはちゃんと遊べるアタリといってもいいでしょう」とのコメントを聞くことができた。

秋葉原のショップでは、サントラCDや設定資料集、プレストーリーを収録したスペシャルブックの3点がセットになった予約特典が、一般販売分にもつけられていた。価格は7140円

 まもなく新劇場版第2弾が公開され、先日は第1弾のBD版も発売された「ヱヴァンゲリヲン」シリーズ。同作品のゲームといえば、PSP版「鋼鉄のガールフレンド2」の発売を心待ちにしている人も多いと思うが、その前に新劇場版第1弾を舞台とした3Dアクションゲーム「ヱヴァンゲリヲン:序」がPSPとPS2の2つのハードで発売された。
 BD版の売れ行きが好調なことに加えて、新劇場版の第2弾の公開が迫っていることもあり、ショップスタッフからは「注目してもらえると助かるんですが……」といった声があったほか「特典テレカがつけられたら!!」と嘆きの声もあった。

若干苦戦していた「ヱヴァンゲリヲン:序」、PS2版、PSP版、どちらも6090円となっていた
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ