このページの本文へ

「さあ、年末商戦へ最速ダッシュ!」 (9/9)

2007年09月20日 00時00分更新

文●EC応援隊編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

編集部 ツールやサービスを使うにしても、課題をはっきりさせて使う人、なんとなく使う人では効果が違うということでしょうか。横山さんの会社のメールツールはいかがですか。

横山 うまく活用しているお店は、店長と現場で課題が一致していますよ。いま悩んでいることはなんですか? と聞くと、「1日にたくさんメールが来る。返信のもれや遅れが多い。だけど、改善策がわからない。なにかいいツールがあれば使いたい」と問題点が明確なんです。

編集部 悩みをかみ砕いたり、具体化する作業が難しいのでしょうか。

横山 具体化する方法はいろいろあると思います。たとえば、売り上げを伸ばしているあるショップでは、週に1度、店長と全スタッフを集めて、自店の強みと弱みを書き出すんです。テーマだけを決めて紙に落とし込んだあと、分類します。ショップ内の強みと弱み、対外的な強みと弱みといったように。それらを分析することで、お店の悩みを総合的に判断するそうです。

朝日奈 それ、素晴らしい方法ですね。それができているショップって伸び悩まないかも……。

横山 全員の意見を集めることで、「こうやっていきましょう」という結論が出ます。進むべき”ベクトル”がはっきりするんですね。

朝日奈 ネットショップ業界は本当に紙を使わない方が多いですね。考えることすら、パソコン上でデジタル的にすませてしまう。

 当社は活字媒体の制作もしていますが、そちらの視点からすると、あんなに紙を使わず、字を書かないで考えをまとめることができるのかな、大丈夫なのかなと不安になるくらいです。問題点を紙に書き出すというアナログな方法をくり返すことで、思考そのものも違ってくると思いますよ。

編集部 話し合う前にまず紙に書いてみる。店長ひとりのお店はもちろん、複数のスタッフで運営しているお店でも、問題点をはっきりと意識するために有効な作業なのですね。今日はありがとうございました。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く