このページの本文へ

多芸多才を誇る強い味方 ビジネス複合機 第1回

エプソン「オフィリオ LP-A500」

デスクトップで使える小型カラー複合機

2009年06月22日 09時00分更新

文● TECH.ascii.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スキャナ機能

 スキャナ基本機能もLP-A500、LP-A500Fともに機能は変わらないが、ADFが付いたLP-A500Fでは、最大50枚(総厚8mm以下)の原稿を連続で読み取れる。スキャナの方式はCCD方式で、読み取り階調はカラー/グレースケール(各256色)、モノクロ(2値)、最大216mm×297mm(ほぼA4サイズ)までの原稿の読み取りが可能だ。読み取り解像度は50~4800dpi、7200dpi、9600dpiと性能は高い。

 出力フォーマットはPDF、JPEG、TIFF、Multi-TIFF(複数ページのTIFF)、BMP(Windowsのみ)、PICT(Macintoshのみ)と幅広く扱える。特に、このクラスでPDFに出力できるのは特筆すべき点だ。原稿をスキャンしてPDFに変換し、メールで送るといった用途に利用できる。さらに、PDFで読み込んだ場合はOCR(文字認識)機能によって、テキスト部分が抽出され、PDFファイルに埋め込まれる。Windows SearchやGoogleデスクトップなどでキーワード検索ができるので、非常に便利だ。

 スキャナ機能に関しても、対応OSはプリンタと同様だ。LinuxドライバもアヴァシスのWebサイトから入手できる。


コピー機能

 コピー機能としては、一般的なコピー機の機能を網羅している。たとえば、25~400%までの縮小/拡大コピー、写真や文書といった原稿タイプに合わせた画質モードの選択といったものだ。もちろん、カラーでもモノクロでもコピーできる。連続複写枚数は99枚まで設定可能となっている。

モノクロ/カラーをボタンで選べる2つのスタートボタン

写真2 モノクロ/カラーをボタンで選べる2つのスタートボタン

 LP-A500シリーズのユーザーインターフェイスで特筆しておきたいのが、モノクロとカラーの2つのスタートボタンだ(写真2)。カラーでコピーしたい場合はカラーのスタートボタンを、モノクロでコピーしたいときはモノクロのスタートボタンを押せばよい。高機能・高額なコピー機でもスタートボタンは1つで、設定でモノクロとカラーを切り替えるのが一般的だ。そのため、カラーとモノクロを間違えてコピーしてしまうことは多々あるが、LP-A500であればこうしたミスはほとんど起きないだろう。非常に優れたインターフェイスだ。この2つのスタートボタンは、スキャン機能でも利用できる。

 コピーの時間は、モノクロで12秒、カラーで29秒と必要十分なスピード。LP-A500FのADFを使えば、最大50枚までを連続コピー可能だ。

 こうした基本機能のほか、A4原稿2枚を縮小してA4サイズ1枚に印刷する「割付コピー」機能もある。


表1 消耗品価格

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ