このページの本文へ

ここがスゴいぞっ! iLife ’09 第6回

三十路の手習い大歓迎 GarageBandで音楽制作!

2009年05月30日 12時00分更新

文● 内山秀樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今からでも遅くないし、ひとりでできる!

 さて、今回から数回に渡って紹介するのは、GarageBandでキーボードやギターをゼロから学んで、パソコンと一緒にセッションしようというもの。最終的な目標は、作った楽曲をインターネットに投稿するところにある。

 大人になってから他人に楽器を教わるというのは、人によってはなかなか抵抗があるもの。また、せっかく習い事を始めてみたものの、仕事が忙しくてなかなかレッスンの時間に合わせられないというケースも考えられる。

 その点、GarageBandなら、道具さえ揃えてしまえば、他人の目も都合も気にせずに、自分のペースで練習を始められる。さらに先ほど紹介した「Magic GarageBand」機能を利用することで、手軽なジャムセッションだって満喫できてしまう。そうして「はじめの一歩」を踏み出すのが重要なのだ。

 あとは、今なら「ネットの力」に頼れる。演奏が下手でも、ネットで仲間を見つけられれば、アドバイスし合ったりお互いの曲を聴き合ったりして、音楽の演奏や制作のモチベーションを保てる。

 せっかく「楽器を演奏したい」という意思があるのに、そのままにしておくのはもったいない。MacとGarageBandというツールを手に入れて、みんなで曲作りを楽しもう!


Norah JonesやStingが教えてくれるぞ

 さて、肝心のレッスンだが、実はGarageBand '09から盛り込まれた目玉機能だったりする。ひとくちにレッスンといっても、最初からGarageBandに入っている「基本レッスン」と、洋楽ミュージシャンが直に教えてくれる「アーティストレッスン」の2種類に分けられる。

 基本レッスンで学べるのは、ピアノとギターの弾き方で、全9回のレッスンを通して1曲をマスターするようになっている。レッスンというと、一般的な教則ビデオのようなものを想像するかもしれないが、GarageBandではレッスンの過程を自分で演奏しながら確認できるインタラクティブな手法が採用されているのがポイントだ。MacとMIDIキーボード、またはギターをつないだ状態であれば、すぐにでもレッスンが始められるぞ!

画像左の基本レッスンは無料、右のアーティストレッスンは各480円にてダウンロード購入できる。インタラクティブに進行する各レッスンは、初心者にも楽器を演奏する楽しみを教えてくれるぞ!

レッスンの際には、MacにつないだMIDIキーボードやギターを演奏して、それを反復することで習熟度を高められる。基本レッスンについては、すべて日本語による吹き替えなので、英語アレルギーの人でも安心だ

 アーティストレッスンでは、Ben Folds、Colbie Caillat、Fall Out Boy、Norah Jones、Sarah McLachian、Stingなど、豪華な海外有名アーティストが、自身の名曲を直々にレッスンしてくれる。

 楽器演奏を学ぶだけでなく、その曲がどのように作られたのか、どんなインスピレーションを受けたのかなどを、本人から直接きける非常にレアなインタビューも含まれている。ファンならぜひとも手に入れておきたいアイテムでもあるだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中