このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Android日本上陸! Androidのすべてを知る 第2回

Androidのライバルとは? そしてAndroidの中身は?

2009年05月29日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Androidのプログラムは
Javaで作られる

 アプリケーションの作成にはJavaを用いる。しかし、実際に搭載されているのはAndroid独自のDalvik仮想マシンであり、厳密にはJava仮想マシンとは異なる。

 Dalvik仮想マシンは、携帯電話用のプロセッサ、少ないメモリを前提とし、高速な起動を可能にしたものだ。詳細などは今後解説する予定だが、従来のJavaプログラムにあった、ライブラリの読み込みなどにかかる時間を省略し、アプリケーション起動を高速化してあり、使い勝手は機械語のアプリケーションとそう変わらない。仮想コードで作られているため、CPUなどが変わっても共通で利用できる。

 現在のAndroidには、最初に発売された「T-Mobile G1」に搭載された1.0をベースにしたものと、ドコモの「HT-03A」(海外ではHTC Magic)に搭載された1.5がある。大きな違いは、1.5ではソフトウェアキーボードを持つ点。また、日本語や中国語のメニュー表示にも対応している(1.0では英語とドイツ語のみ)。

 また、メインの画面であるHomeスクリーンにウィジェッツ(ガジェットなどともいう小さなプログラム)を配置できるほか、Live Folderと呼ばれる情報表示形式が追加されている。

ソフトキーボードの搭載と日本語の表示が可能になったことが、Android 1.5での大きな改良点。HT-03Aもこの1.5がベースとなっている。Googleのサイトで配布されている、1.5の開発キットでは、まだかな漢字変換プログラムは含まれていない

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン