このページの本文へ

シークレットな会に参加したことはありますか

2007年06月22日 09時00分更新

とこ みゆき/サポタント株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 こんにちは、とこです。

 最近、東京でとてもシークレットなセミナーを開催しました。
一応、主催会社の代表をやっている私自身が開催3日前に、セミナーの存在を知ったという位、 シークレットです ^^;
*担当だった副社長に信用されてないのかなぁ・・。

 1日7時間で、参加費が10万円以上の価格と決してお安くないにも関わらず、ご参加いただいた皆さんにヒアリングをすると、「シークレットセミナー」を定期的にやってほしいとのこと。  そういえば、ネットショップ業界でなくても、非公開のシークレットセミナーや合宿のお誘いが最近多いような気がします。

 他では言えないヒミツのノウハウが放出されるシークレットセミナー。

 皆さんは、こうしたシークレットな集まりに参加されたことがありますか。

 「ない。」という皆さん。
もし参加したいなぁと興味をお持ちなら少し、今の行動を変えてはいかがでしょうか。

いろんな団体に参加してみる

 何の団体にも、勉強会にも参加していない皆さん。

 いきなりシークレットな会に参加することはとても難しいですのでまず、自分が課題としているポイントを教えているセミナーや団体の勉強会などに参加してみましょう。

 最初はいろいろなところを見た方がよいので、安価で大人数が参加するセミナーでいいと思います。交流会などセットになっているセミナーもありますから、人見知りをせず、是非交流会に参加して、いろんな情報を収集してみてください。

ネットショップ業界の主な団体
全国イーコマース協議会
オンラインショップマスターズクラブ

さらに絞った小グループに参加、お世話する

 各団体やセミナーには分科会のような勉強会やグループができていることがあります。
迷わず、興味のあるテーマの分科会などに参加しましょう。でもこの段階ではまだシークレット部分ではないことが多いです。

 参加してからは、定例会に顔を出すのはもちろんのことメーリングリストなどで積極的に発言をしたり、運営のお手伝いを少しでもお手伝いするようにしましょう。

 実際、こうした運営は参加メンバーがボランティアでしていることが多く、裏方も気持ちよくしている方には、自然と人や情報が集まっています。

 こうした方が実際にビジネスも伸ばしていらっしゃるんですよ!

このように幹部に近い立場で参加を続けるとある日、美味しいヒミツのお話をいただけるかもしれません。
*実際に私の友人達は、このパターンでディープな勉強会に参加できているようです。

セミナーやワークショップに参加した場合には……

 団体ではなく、セミナーやワークショップに参加した場合、講座の期間終了後もよく有志が集まって、定期的に勉強会をしています。

 こうした勉強会に参加することはもちろん、是非、講師や主催者の担当さんを誘ってみましょう。
講師が勉強会に参加すると有料になる場合、懇親会にご招待してみましょう。

 講師によっては懇親会でヒミツの話をしてくれる場合もありますし、うまくいけば、そのときのノリでシークレットセミナー開催が決まることもあります!
*今回、当社が主催したのはまさにこのような状況でした↑

 また主催者の担当さんに近況をお話することも有効です。
何かで悩んでいる、とか、課題があります!、、というようなお話を定期的に担当者さんにインプットしておけば、シークレットセミナーを企画してくれることもあります!

今日からはじめられる「To do」

ここまでお読みいただきどうも有難うございます!
それでは、よりコアな部分の情報にリーチするための3ステップをご紹介します。

(1)業界内にあるいろいろな団体に参加してみましょう。

(2)団体に参加したら、分科会など小人数で参加する勉強会や
 交流会に参加してお世話役を買ってでましょう。

(3)ワークショップなどに参加したら、開催終了後も自主勉強会などをして
 定期的に講師や主催者と情報交換できるようにしておきましょう。

シークレットな情報にリーチするためには、運も必要ですが、
人間関係とコミュニケーションの量がやっぱり大事だと考えます。

最後までお読みいただき有難うございました。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。

著者プロフィール

名前 とこ みゆき happy[アットマーク]supotant.com
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 サポタント株式会社
サイト http://www.supotant.com/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く