このページの本文へ

NTTドコモのサポートデスクがNY、ロンドンに

2009年05月25日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケータイでローミングできるのはいいが、現地でのトラブルはどうする?

 そうした心配に応えるため、NTTドコモのサポートデスクが、海外にも設置される。実際に設置されるのは、ロンドン、ニューヨーク、パリ、ソウル。ロンドンとニューヨークはNTTドコモ直営だが、パリとソウルはJTBに業務委託して、試行運営したうえで連携を図っていくという。

海外サポートデスク
ニューヨーク、ロンドンのサポートデスク

 直営サポートデスクの具体的なサポート内容は、以下の通り。

  • 海外在住者に向けた、帰国後新規契約の事前受け付け
  • 現地居住の日本人向けの、携帯電話サービスの契約取り次ぎ、紹介
  • 短期渡航者向けの国際ローミング利用方法、操作説明サービス
  • 無料充電サービス(従来から行なっていた)
  • 盗難・紛失サポート

 NTTドコモはこれまで、アジアや欧米で無料充電サービス拠点を展開したり、海外からの日本語問い合わせ窓口の24時間運営をしてきたが、今後も海外でのサービス拡充に努めていくという。

 なお、ロンドンのサポートデスクは、ロンドン三越店1階(14-20 Regent Street London, London)、ニューヨークは、ニューヨーク紀伊國屋書店地下1階(1073 Avenue of the Americas, New York, NY 10018)となっている。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ