このページの本文へ

これからのテレビ会議はHD画質が当たり前!?

2009年05月22日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LifeSize Express 200

LifeSize Express 200

 ビデオ会議はいずれ、HD画質が当たり前になる。

 HDのビデオ・コミュニケーションシステムを取り扱うライフサイズコミュニケーションズの米国本社LifeSize Communicationが、デュアルディスプレイのビデオとコンテンツをサポートする“HDビデオ・コミュニケーション・システム”「LifeSize Express 200」(以下Express 200)を発表した。

 Express 200は、720p秒間30フレームでの送受信、720p60での受信に対応。WXGAの解像度で、文書、ビデオ、静止画などのデータとコンテンツをリアルタイムで共有できる。

 HDビデオとコンテンツの送受信には1Mbpsの帯域を要するが、50種類以上の解像度をサポートするため、帯域の狭い回線上でも最適な形で利用可能だという。

 国内での販売は、日立ハイテクノロジーズをはじめとした販売代理店が担当。販売モデルは、「LifeSize Express 200 with Focus(組み込み型マイクロフォンを備えた固定焦点カメラ。メーカー希望価格 税別79万8000円)」、「LifeSize Express 200 with PTZ(パン・チルト・ズーム機能付カメラと小型マイク。メーカー希望価格 税別89万8000円)」の2つが用意されている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ