このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

大量発売を控え、静まり返る秋葉原

2009年05月21日 23時15分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ショップ店員が思わず「来週以降、発売されるタイトルのポップや予約券の制作をしちゃうくらい忙しいです」と自虐的なコメントをするほど、静まり返っていた今週の秋葉原。給料日前に加えて、翌週に「真・三國無双5 Empires」、「逆転検事」、「ひぐらしのなく頃に絆 第三巻・螺」、「うたわれるもの PORTABLE」などといったビックタイトルが集中したことも影響したようだ。
 今週発売されたタイトルで動きを見せていたのはDS用「プロ野球チームをつくろう!2」と、PSP用「SNK ARCADE CLASSICS Vol.1」の2タイトル。
 「プロ野球チームをつくろう!2」の内容はチームオーナーとなって選手の育成、ドラフト、トレードといったチーム作りを行いつつ、日本一を目指すというもの。 今回の作品では、実在するNPBに所属する12球団と09年シーズン開幕時の選手データが使われている。
 「SNK ARCADE CLASSICS Vol.1」はSNKブランドで発売、稼動していた「NEO GEO」用タイトルやアーケードタイトルを多数収録したもの。特に2D格闘対戦全盛期に大ヒットした「餓狼伝説」「サムライスピリッツ」「龍虎の拳」「ザ・キング・オブ・ファイターズ’94」などのほか、いまだ根強い人気を誇るアクションシューティング「メタルスラッグ」など16タイトルを収録している。

11年ぶりに登場したシリーズ最新作「プロ野球チームをつくろう!2」の価格は5229円となっている珍しいSNKのスポーツゲーム「ベースボールスターズ2」や「得点王3」なども収録した「SNK ARCADE CLASSICS Vol.1」は5040円

このほか発売されたタイトルはこちら

2007年に北米や欧州で発売され人気を集めた「Mass Effect」が7140円で登場した。宇宙に進出した人類が、宇宙を揺るがす陰謀を解決するための主人公となり、さまざまな惑星のクエストをクリアしていく「レイトン教授」シリーズを発売するレベルファイブが、質問しながら真相に近づくという新しい“会話感覚・推理ゲーム”「スローンとマクヘールの謎の物語」を発売。価格は3500円

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ