このページの本文へ

ソフトバンク・ペイメント・サービス、コンビニ決済とペイジー決済を追加

2009年03月06日 05時52分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS、阿多親市社長)と、ウェルネット(本社・北海道札幌市、柳本孝志社長)は、コンビニ決済、ペイジー決済で連携を開始した。

 ウェルネットは、ローソンのLoppiと接続したペーパーレスのコンビニ決済サービス「マルチペイメントサービス」を開始して以来、電子請求、電子決済のパイオニアとして開発、提供を行っている。また、ペイジーに対応し、銀行ATM支払い、ネットバンク、モバイルバンキングにも決済手段を拡大した。

 一方、SBPSはクレジットカード決済、プリペイドカード決済、電子マネー決済を中心に、大量トランザクション処理に強い信頼性の高い決済代行サービス「SBPS決済代行サービス」を提供している。

 今回、SBPS決済代行サービスに、ウェルネットの「マルチペイメントサービス」を採用する。これによって、コンビニ決済、ペイジー決済の強化を図り、事業者や購入する利用者へ、利便性の高い決済代行サービスを提供していく構え。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く