このページの本文へ

ネットプライス子会社、購入した商品を商品を海外の住所へと転送するサービス

2008年10月10日 04時52分更新

文●通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ネットプライス(佐藤輝英社長)連結子会社である転送コム(佐藤輝英社長)は、日本国内のECサイトで購入した商品を海外の住所へと転送する「転送コム」のサービスを開始した。

 また、中国アリババグループ(本社・中華人民共和国浙江省、Jack Ma代表)のオンライン決済サービス「アリペイ(支付宝)」を展開するAlipay.com Co., Ltd.(支付宝網絡科技有限公司本社:Shao Xiaofeng中華人民共和国浙江省総裁)と業務提携を行い、アリペイの導入を開始する。

 転送コムは、海外の住所へ日本国内ECサイトで購入した商品を届ける、インターネットを活用した転送サービス。海外在住のECユーザーにとっては“日本の商品をいつでもどこからでもインターネットで購入”することができ、また日本国内のEC企業にとっては、多くの時間やコストをかけずに、海外へと市場を拡大することができる。

 さらに「転送コム」サービスリリースに際し、成長著しい中国のECマーケットを見据え、アリババグループにおける中国最大の第三者電子決済サービス「アリペイ」の導入を行った。

 転送コム社では、Alipay.comとの業務提携および「アリペイ」の導入を通じて、中国国内の居住者による転送コムの利用拡大と、中国における日本商品の流通拡大に努めていく構え。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く