このページの本文へ

エフルート、携帯ソーシャルブックマークサービスを買収し検索サービスと融合

2008年09月11日 03時46分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 モバイル検索ポータルサイト「froute.jp/エフルート」を運営するエフルート(尾下順治社長)は、有限会社ファインシード(吉澤竜哉社長)が運営する携帯向けソーシャルブックマークサービス「モバブ!」を事業譲受したと発表した。

 「モバブ!」は、携帯電話向けに特化したソーシャルブックマークサイトで、従来は携帯電話端末内に保存していたお気に入りサイトをウェブ上でリスト化することにより、他のユーザーと共有することができた。多くのユーザーにブックマークされたサイトは、人気投票で高い評価を得たサイトとして新たにサイトを訪れたユーザーにとってサイトを選ぶ基準となる。

 エフルートではモバイルユーザー向けに、ニュース検索や辞書検索、複数の公式サイト楽曲情報が横断検索可能なミュージック検索など、良質なデータベースを使った複数の専門検索機能を提供している。これらの検索結果一覧において独自の表示方式「Expand Search」を使うことによってユーザーの求める情報を素早く発見するとともに、予期していない価値ある情報の発見をナビゲートするユーザーインターフェイスを提供している。

 今後、エフルートでは「モバブ!」の大幅なリニューアルを行うとともに、ユーザーによって生成された良質なサイトのレイティング(順位付け)を活用し、既存の検索サービスと融合させる方針。ユーザーごとに異なる検索結果を表示するソーシャル検索サービスの提供を行っていく。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く