このページの本文へ

ドリコムとライブドア、ライブドアサイトで行動ターゲティング広告を共同展開

2008年07月16日 03時22分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ライブドア(出澤 剛社長)とドリコム(内藤裕紀社長)は、ドリコムの行動ターゲティング広告配信技術「ad4U (アドフォーユー)」を採用した行動ターゲティング広告「livedoor ad4U」を商品化し、8月からサービス提供を開始すると発表した。

 「livedoor ad4U」は、インターネットユーザーのウェブサイト閲覧情報や検索キーワード情報を照会し、ライブドアが設定する12のジャンルに合わせてユーザーの興味や関心に合致する広告の掲載をライブドアの各種サイトで行う商品。ウェブブラウザの基本機能を活用することによって、より多くのユーザーの興味や関心に合致した広告の掲載が可能となった。

 ユーザーからみると有益な情報への接触機会が増えるとともに、広告主にとっては購買意欲が高く、よりセグメント化されたユーザーに対して広告訴求していくことが可能となる。また、広告効果を得るまでのリードタイムが短い点においても優れているほか、ユーザーのプライバシーを配慮し、オプトアウトの仕組みも設置している。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く