このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新型スカイライナーお披露目 在来線最速の時速160km!

2009年05月20日 23時30分更新

文● ASCII.jp編集部/北村 明弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 京成電鉄は、完成した新型スカイライナーを20日、千葉県の宗吾車両管理所でマスコミに披露した。スカイライナーは、上野と成田空港を結ぶ京成電鉄の特急電車。現在は日暮里駅から空港第2ビル駅まで51分かかるが、新型スカイライナーではこれを15分短縮し、わずか36分で都心と成田空港を結ぶことになる。

お披露目された新型スカイライナー。在来線では最速となる最高時速160kmで運行する

スカイライナーとは?

 スカイライナーは昭和48年に初代がデビュー。平成2年に二代目に交代し、現在も活躍中だ。今回披露されたのは三代目で、平成22年度開業予定の新しい空港アクセスルート「成田新高速鉄道」で運行される予定となっている。

現在のスカイライナーは京成本線(緑のライン)を走行し、日暮里駅と空港第2ビル駅を51分で運行している。新型スカイライナーは北総線を経由し、都心と成田を最短距離で結ぶため、わずか36分で同駅間を運行できる

 今回公開された新型スカイライナーは、「風」と「凛」をコンセプトに、山本寛斎氏がデザインを手掛けた。車体先端から肩部に連なるシャープなデザインはスピード感あふれる「風」を表現し、車内は、開放感を与えるドーム型天井と、透明感と清涼感を感じさせるガラス素材の活用により「凛」とした客室空間を実現しているという。
 この新型スカイライナーの最大の特徴は、在来線では最速となる最高時速160kmで走行するところだ。高速走行を実現するために車体はアルミニウム合金とし、ボルスタレス台車(車体と台車を空気バネで直結する方式)を採用することで軽量化を図っている。また、先頭車両にはフルアクティブサスペンションを搭載し、安定したブレーキ性能を確保するために、全車両でディスクブレーキを採用するなど、最新の鉄道技術が導入されている。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ