このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

無線LANにアルマーニ、携帯電話以外まで登場

ソフトバンク夏モデルはNEC、パナソニックにサムスンも元気

2009年05月20日 22時21分更新

文● 小竹佑児/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクの夏モデルには、シャープのハイエンド4機種以外にも、もちろん注目モデルは数多い(関連記事)。それらのモデルを見ていこう。

Wオープン&2.0インチの大型サブ液晶を搭載
「931P」

 メインカメラが8.1メガへと高画素化したビエラケータイの新モデル。今回新たにパナソニックのデジカメ「LUMIX」にも搭載されるシーン認識機能「おまかせiA」に対応したほか、カメラのファインダーとして利用できる2.0インチの有機ELサブディスプレイを備える。

 ワンセグのフレーム数を補間する「モバイルWスピード」も進化し、毎秒15フレームのワンセグ映像を4倍の60フレームに補間できるようになった。また、前モデル「930P」にも搭載されていた画面を横に開くと、文字の表示もそれに合わせて文字の表示が横向きに切り替わる「2WAYキー」を継承している。発売は6月下旬以降を予定。

931P

毎秒60フレームにワンセグの映像を変換する「モバイルWスピード」を体感できる展示では、映像がよりなめらかになっていた。また、発色もより鮮やかになっている印象を受けた

カメラ部分

メインの8.1メガカメラは、カメラの知識がない人でも簡単に撮影を楽しめる「おまかせiA」に対応。レンズ横には、高輝度LEDフラッシュを搭載するほか、最大ISO1600相当の高感度撮影にも対応するなど、暗いシーンでの撮影に配慮された機能が備えられている

サブディスプレイは自分撮りに使える

カメラのファインダーとして活用できるサブ液晶は、デジカメと同じようなスタイルで撮影する場合以外に、自分撮りをする際にも役立つ

カラバリ

本体カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色。サブディスプレイのカラー液晶が目立つ

スリムなボディに
ハイエンド機能を凝縮「930N」

 薄さ13.9mmのスタイリッシュな薄型ボディに、笑顔認証機能「スマイルモード」や、6軸手ブレ補正に対応した8メガカメラを搭載。ディスプレイには、3.2インチのフルワイドVGA液晶を搭載する。下り最大7.2MbpsのHSDPAや、Bluetoothなども備える。発売は6月中旬以降を予定。

930N

コンパクトで持ち歩きやすいデザインの折りたたみ式ボディ。カラーバリエーションはガーネットレッド、ヴィンテージブラック、スパークリングホワイト、ロマンスピンクの全4色を用意

13.9mm

シャツやスーツの胸ポケットにもすっきりと収まりそうな薄さ13.9mmのスリムボディ。重さも約111gと軽量で、携帯性は抜群だ

930Nのカメラ部

背面のカメラは810万画素CMOS。笑顔を検出して自動でシャッターが切れる「スマイルモード」や、6軸手ブレ補正、パノラマ撮影モードなど多彩な機能を備える。高画素カメラを搭載しながらもレンズの出っ張りがほとんどない

カラフルキーイルミネーション

着信時や開閉時などに30種類のパターンからキーをLEDによって光らせる機能を持っている。なかなか派手でおもしろい

3つのスタイル&無線LANに対応した
「931N」

 画面を回転させて3つのスタイルを使い分けられる形状を採用するほか、3.2インチのフルワイドVGA液晶にはタッチパネルを搭載するハイエンドモデル。自宅や公共の場所に設置された無線LANに接続できる「ケータイ無線LAN」に対応するも、発売は8月下旬以降ということで、モックでの展示止まり。

931N

本体を閉じた状態でタッチ操作を行なえる「タッチスタイル」のほか、画面を90度回転させる「シェアスタイル」、さらに180度回転させる「コミュニケーションスタイル」で利用することができる

ケータイ無線LAN

新サービス「ケータイ無線LAN」は現時点で931Nでのみの対応。公式サイトのコンテンツを自宅の無線LANや公衆無線LANスポット経由で楽しめるようになる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン