このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

長~く使える極上のPCケース2009 第3回

イケてるケース、ナイスなケースを紹介!

長~く使える極上のPCケース2009【サーマルティク編】

2009年05月24日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気になるポイントをチェック!

 「SD100 mini」はスリムケースのため、HDD×1、スリム光学ドライブ×1のみを搭載可能と、拡張性は高くはない。しかし、高性能パーツを使用できるよう大きく開けられた吸/排気口や、変換ケーブルなど、細部の使い勝手にこだわりポイントがある。

サーバーケースなどが採用する、ケース開放を感知するスイッチ式センサーを搭載。対応マザーボードとあわせれば、ケースの開放を警告できる

スリム光学ドライブを使うための、変換ケーブルももちろん付属。IDEではなく、SATAタイプのため、最新ドライブを使用できるのが魅力

ケース上面にある、大きな開口部にはエアフィルターを搭載。ホコリが集まりやすい部分のため、うれしい配慮だ

ケースパネルカバーは、板厚0.8mmのスティール製。曲げ加工はシンプルだが、スリムタイプかつMini-ITXとケースサイズが小さいため、剛性は十分

HDDはスリム光学ドライブ下に、吊り下げ式で搭載。HDDはネジ止めだが、一部に爪を備え、固定しやすくしているのに注目

スタンドが付属し、縦置きでの使用にも対応する

高性能パーツ使用にも耐えられる
冷却性能が魅力

 エアフィルター付きの巨大な開口部を備え、Core 2やPhenomなど高性能CPUを使用できるのがうれしい。HD動画再生支援機能を備えたG45やAMD 780G/790GXマザーなどとあわせれば、AVセンターとしても使用できる。ただ、ボディーの黒色塗装の質感がもうひとつなのは残念。塗装が粗く、表面がミカンのようにざらついているのは賛否が分かれる点であろう。内部構造などがしっかりしている分、ボディー表面の仕上げがより目立ってしまったのは残念なところ。

ケース表面がミカンのようにデコボコしている。滑りにくいのはいいのだが、これは好みが分かれるところだ

読者プレゼント

 今回検証で使用したPCケース3台を、抽選で各1名様にプレゼントいたします。ASCII.jp内の「お問い合わせ」から、タイトルに「PCケース希望!」、お問い合わせ内容に希望するPCケース(Spedo、ElementS、SD100 miniのうちいずれか1点)を明記してご応募ください(応募締め切り:2009年6月19日)。当選者には、追ってご連絡させていただきます。
 なお、製品は編集部で検証および撮影で使用したものになります。破損、傷などによる苦情、返品は受け付けませんのでご了承ください(メーカーへの苦情、返品もお断りいたします)。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中