このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2009 第3回

イケてるケース、ナイスなケースを紹介!

長~く使える極上のPCケース2009【サーマルティク編】

2009年05月24日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気になるポイントをチェック!

 CPUとビデオカードを分離する機構や、ツールレスによるドライブ固定など、ユニークな工夫が満載のSpedo Advance Package。ほかにもケーブルクランプなど使い勝手にこだわった機能を豊富に備え、メンテナンス性ケース内部の美しさを高めているのも見逃せない。

23cmファンを備えた左サイドパネル。ノブによるロック機構を備え、スマートに開閉を行なえる。ファンは専用端子から電源を供給。ケーブル取り回しの苦労がないほか、サイドパネル開放時には自動でファンが停止する

電源ユニットはケース下部に搭載。電源ユニットファン部分にメッシュフィルターを装備している。ケース底部の電源ユニット前方に12cmファンを1基搭載できるのもポイント

CPUとビデオカード、電源ユニットのエアフローを分離するパーティション(写真左)。あくまで“仕切り板”による分離のため、完全に取り外すことができ、パーツの増設が容易にできる。パーティションはABS樹脂製で、非導電素材のためショートの心配はない

仕切り部分にはケーブルなどを収納できる小物入れがある。ネジやドライバーを入れておくと便利だ

光学ドライブは、ワンプッシュでドライブを固定できる。クリップがケースに固定されているため、パーツを紛失する心配がない

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中