このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 第8回

Vistaよりも軽い! Windows 7の性能をベンチで検証

2009年05月19日 18時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3DMark06、3DMark Vantage、ラストレムナントの比較
3D描画性能はほとんど変わらない

 最後に、3Dグラフィックスベンチマークテストや3Dゲームソフトを利用して、3D描画性能を比較してみた。

 まず、定番の3Dグラフィックスベンチマークである「3DMark06」を、1280×1024ドットモードで計測したスコアを比較する。総合スコアの3DMarkは、XP>Vista>Windows 7という順になった。しかし、その差はわずか1~2%程度であり、ほとんど変わず誤差程度といえる。

3DMark06の比較

3DMark06の比較

 同様に、「3DMark Vantage」(Performanceで計測、XPは非対応)とスクウェア・エニックスのWindows用ゲーム「ラストレムナント」(同社が公開しているベンチマークソフトを利用)のスコアも計測してみた。どちらもWindows 7が一番低いが、ほとんど誤差程度の差である。3D描画性能は、どのOSでもほぼ同じといってよいだろう。

3DMark Vantageの比較

3DMark Vantageの比較

ラストレムナントの比較

ラストレムナントの比較(単位:fps)


ベンチマーク以外の部分でも軽さを実感

 以上のように、Windows 7はRC版でも、Vistaに比べて休止や復帰時間が短縮されているほか、メモリー使用量が大きく減り、アプリケーションの起動時間も短縮されているなど、さまざまな面でパフォーマンスが向上していることがわかった。

 実際に使っていても、Vistaに比べて「反応が早く、軽い」と実感する場面が多い。もともとVistaが快適に動いているパソコンなら、Windows 7に変えてもパフォーマンス向上はそれほど体感できないかもしれないが、Vistaではやや重かったパソコンでは、Windows 7なら快適に利用できそうだ。

 またWindows 7の製品版では、RC版からさらに改良やチューニングが施され(基本的に新機能はもう追加されない)、さらにパフォーマンスが上がる可能性もある。期待に違わないパフォーマンスを見せてくれたWindows 7の正式発売が待ち遠しい。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン