このページの本文へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 第5回

あのマシンでも動く? Windows 7インストール実験【前編】

2009年05月17日 14時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワンセグアプリも動いた……が録画できない?

インストール終了直後のデスクトップ

インストール終了直後のデスクトップ。タスクバーを見ると半透明で、Aeroが有効になっているのが分かる

 Windows 7 RC版インストール直後のtype Pのデスクトップはこのとおり。設定を引き継いだので、画面上のアイコンやガジェットの種類、配置もそのままになっている。OSはWindows 7 Ultimateなので、Windows Aeroも有効になっていた。しかも、意外やそれなりのパフォーマンスで動く(動作テスト優先なので、すぐWindowsベーシックに変えてしまいましたが)。

 デバイスマネージャーで見てみると、内蔵されているコンポーネントはどれも正常にインストールされている……ようだ。問題が出やすそうなウェブカメラやBluetooth、ワンセグチューナーもきちんと動作している。内蔵無線LANのスイッチを入れると無線LANが有効になったほか、付属のネットワークユーティリティー「VAIO Smart Network」も動作した。

デバイスマネージャー

デバイスマネージャーを確認。特に問題のあるデバイスは見あたらない。アップグレードインストールの利点だ

 デバイスマネージャーで確認した限りでは、カメラやワンセグチューナー、GPUのドライバーソフトは、Vistaのものをそのまま使っているようだ。Vista用のままなので、当然ながらGPU用のドライバーはWindows 7の新しいディスプレードライバー仕様「WDDM 1.1」ではなく、Vista世代の「WDDM 1.0」のままだ。WDDM 1.1対応ドライバーを使った場合よりも、Windows 7のパフォーマンスはやや劣る可能性がある。

ディスプレードライバーはWDDM 1.0のまま

OS付属の「DXDIAG」で確認してみると、ディスプレードライバーはWDDM 1.0のままだった

 驚いたことは、ワンセグ視聴ソフト「VAIO モバイルTV」もそのまま動作したことだ。Vistaで使う場合と同じように、サイド表示やフローティング表示、全画面表示を問題なくできる。

VAIO モバイルTVもこのとおり

VAIO モバイルTVもこのとおり。Vistaとの互換性の高さがうかがえる……のだが

 ところが、なぜか録画した番組の再生ができない。録画自体は正常にできているように見えるのだが、番組を再生しようとするとエラーが表示され、それ以降はVAIO モバイルTVでのテレビ表示もできなくなる(OS再起動で直るが)。ソニーがサイトで公開している非公式最新版に更新しても同様だった。今回は試用時間の関係で、付属アプリケーションのすべてをみっちりテストできなかったが、ワンセグテレビ以外はおおむね問題なさそうだった。

なぜか録画した番組を再生できない

なぜか録画した番組を再生できない。この現象が起きたあとは、モバイルTV自体が機能しなくなる

 所詮はAtom搭載機なので、Windowsエクスペリエンスインデックスの値は低い。特にCPUは「2.4」とかなーり低い。とはいえ、OS自体の快適さは改善されているようで、同CPUでSSD 64GBのtype Pを所有している編集部員に触らせてみたところ、「気持ち軽い気がする」と評価していた。ディスプレードライバーにWDDM 1.1対応のものが導入できれば、もう少し軽くなる……かもしれない。

Windowsエクスペリエンスインデックス

インストール直後に計測したWindowsエクスペリエンスインデックス。率直に言って低いが、所詮Atomなので……

 いずれにしても、type PへのWindows 7アップグレードインストールはほとんど問題なく成功した。type Pユーザーも一安心というところか。動作状況を○×で記すと以下のようになる。

ハードウェア ソフトウェア
すべてのハードウェアが動作。一部はVistaのドライバーを使用 VAIO モバイルTVで録画ができず?

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン