このページの本文へ

HIS「H489FT1GP」/「H487QS512P」

HISからOC版Radeon HD 4890とIceQ 4+採用Radeon HD 4870

2009年05月14日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HIS(Hightech Information System)からオーバークロック版の「Radeon HD 4890」と外部排気型の2スロット冷却ファンを採用する「Radeon HD 4870」搭載ビデオカードが登場した。

H489FT1GP

「H489FT1GP」 TURBO
基板 「Radeon HD 4890」のオーバークロック版「H489FT1GP」。コア/メモリクロックが定格の850MHz/1950MHz→900MHz/2000MHzとなるのが特徴

 「Radeon HD 4890」のオーバークロック版「H489FT1GP」は、コア/メモリクロックが定格の850MHz/1950MHz→900MHz/2000MHzとなるのが特徴の製品。搭載メモリはGDDR5 1GBでブラケット部はDualDVI/TV-OUT。付属品としてDVI→D-Sub変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、電源変換ケーブル、CrossFire用コネクタを同梱する。価格はBLESS秋葉原本店で2万7800円、ドスパラ秋葉原本店で2万7980円、アーク(近日入荷)で2万9800円となっている。

H487QS512P

「H487QS512P」 基板
ブラケット部 外部排気の2スロット冷却ファン「IceQ 4」の進化バージョン「IceQ 4+ Cooling Technology」を採用する「Radeon HD 4870」搭載VGA「H487QS512P」。コア/メモリクロックは750MHz/1800MHzで、搭載メモリはGDDR5 512MB、ブラケット部はDualDVI/TV-OUT

 「H487QS512P」は、昨年12月に発売となったオーバークロック版「H487QT512P」のノーマルクロック版となるもの。外部排気の2スロット冷却ファン「IceQ 4」の進化バージョン「IceQ 4+ Cooling Technology」を採用するのが特徴で、ヒートパイプが6mm→8mmとなるなど冷却性能が強化されている。
 コア/メモリクロックは750MHz/1800MHzで、搭載メモリはGDDR5 512MB、ブラケット部はDualDVI/TV-OUT。付属品としてDVI→D-Sub変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、電源変換ケーブル、CrossFire用コネクタを同梱する。価格はドスパラ秋葉原本店とBLESS秋葉原本店で1万9480円、アーク(近日入荷)で2万800円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中