このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

どれを選ぶ?クラウド/SaaS 第1回

全体像を把握する

最新クラウド/SaaSのサービスを一気に網羅

2009年05月25日 20時00分更新

文● デジカル・田口和裕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セキュリティまでクラウド/SaaSへ

InfoTrace-OnDemand

InfoTrace-OnDemand

 P2Pソフトの利用によるウイルス混入、情報漏洩のニュースを持ち出すまでもなく、いまやPCのセキュリティ管理は企業にとって最も重要な課題のひとつだが、専任の人材を配して管理するのはよほどの規模の企業以外は非現実的だろう。しかし諦めるのは早い。SaaSを導入すれば負担の多いセキュリティ管理業務を低コストで効果的にアウトソーシングできる可能性がある。

 「InfoTrace-OnDemand」は、社内で利用されたインターネットのログをすべて収集し、情報漏洩経路や目的外のPCの利用など、あらかじめ設定された項目が詳細にわかるレポートを作成してくれるサービスだ。業務と関係のないWebを閲覧するなど、あらかじめ決めた社内ポリシーに反し、不正なアクセスを行なったユーザーに対して警告メールを送ることも可能だ。P2Pソフトを自動検出して管理者にアラートメールを送る機能もある。

 一方、ECサイトなど顧客に向けてWebサービスを提供している企業にとって、Webサーバーの障害は死活問題だ。一般的なISPやIDCでは、障害があった場合管理者にアラートメールを発信するサービスをしているが、「SPEED Call」を使えば、メールだけではなくオペレーターによる音声電話で通知をしてくれる。大量のメールに紛れてうっかり障害を見落とすといったつまらない事故を防いでくれるのだ。

 「LeakBLOCK」と「@Tovas」は、ドキュメントの暗号化/復号化を行なってくれるサービスだ。ユーザーによって細かく権限を設定できるので、取引先とセキュアな情報をやりとりする可能性のある企業は導入を検討してもいいだろう。

 従来のタイムカードやIDカードに代わり、静脈認証、指紋認証による出退勤管理を行なう「ちゃっかり勤太くん」もおもしろい。情報漏洩の予防はもちろん、通常の勤怠管理システムとしても利用可能だ。

サービス名 企業名 特徴 価格
InfoTrace-OnDemand (株)ソリトンシステムズ SaaS型のPCログ収集・分析・管理サービス。分析されたデータは図版を多く使ったわかりやすいレポートとして確認できる。P2Pソフトの利用が検出されるなどの緊急時に、管理者へアラートを発信する機能も。 初期費用:月額利用料金1ヵ月分、月額利用料:オープン価格(PC100台利用時の参考価格:\1万20000/月)
SPEED Call 有限会社ナインレイヤーズ サーバの状態を定期的に監視し、異常発生時と復旧時にメールだけではなくオペレーターによる音声電話で通知を行なうサービス。うっかりメールを見落とし、障害を見過ごしてしまうというミスを防げる。 月額 2625円
LeakBLOCK マルチネット(株) 暗号化ドキュメントの作成、配布、複合を管理する。アドレス帳に登録されたユーザーごとに閲覧・編集・権限などを細かく設定できる。 初期費用:31万5000円 契約料金12万6000円/年 月額料金1万500円(10ユーザー)
@Tovas ソフトバンクBB(株) 暗号化によってセキュリティが確保された状態で文書ファイル・ファクスを送受信できる。「誰」が「何」を「誰」に送ったといった情報を詳細に記録することで、情報トレーサビリティを実現する。 1ライセンス 1000円/月
ちゃっかり勤太くん (株) エイ・アイ・エス 静脈認証、指紋認証による出退勤管理システム。有給休暇の申請・承認。シフト・スケジュール管理。給与計算、会計処理などの機能も用意されている。 1ユーザー 210円から

メールやアンチスパムなど
多様なサービスも確立

feedpath Zebla

UIもインストールベースのメーラと遜色のないfeedpath Zebla

 Gmail以前にもWebメールシステムが浸透するなど、メールのWeb化はSaaSが登場する以前から行なわれてきたが、SaaSの時代を迎え、ますますリッチ化の傾向をたどっている。一番顕著なのはfeedpath Zeblaで、Webメールの一つの進化形とも言える。

サービス名 企業名 特徴 価格
feedpath Zebra フィードパス(株) インストール型メールクライアントにひけを取らないインターフェイスを実現した、Webメールインターフェイスとメールサーバがセットになったオールインワンメールホスティングサービス。 初期費用 5万2500円 月額料金1050円(1ユーザー)
CYBERMAIL Σ サイバーソリューションズ(株) 1アカウント月額500円という低価格で利用できる。オプションでグループウェア機能を追加可能。 初期費用 5万円 月額料金500円(1ユーザー)
@Securemail ケイティケイ(株) 強力なアンチスパム・ウイルス機能、電子署名付加、暗号化機能などを持ったメールサービス。自社で運用するメールサーバにセキュリティ機能だけを付加することも可能。 月額 6000円〜

その他、SaaSのプラットフォームからSNSまで

 これまで紹介してきたジャンル以外で、最近SaaSの世界で目立つのが、SaaSの基盤を提供しようという動きだ。それらは、「プラットフォーム」として以下にまとめたが、経済産業省のJ-SaaSは規模も大きいしビジョンも「日本の中小企業のため、ITを活用してもらう」というコンセプトが光るプラットフォームだ。

名称 企業名 特徴 価格
J-SaaS 経済産業省 経済産業省が推進する、主に中小企業を対象にしたSaaSプラットフォーム。財務会計や電子申告など20を超えるサービスを自由に選択してワンストップで利用できる。 各サービスで異なる
Applitus (株)ネオジャパン グループウェア「Desknet's」を開発したネオジャパンが提供するSaaSプラットフォーム。グループウェアはもちろん、SFA、CMS、経理、給与計算、ブログ、メールなど20を超えるアプリケーションが用意されている。 初期費用5万2500円 月額料金1万5750円
NEXTWISE (株)クレオ ビジネスとITのためのポータルサイトだが、グループウェアやビジネスブログなどのSaaSアプリケーションが、現在13個用意されている。中には無料で利用できるものもある。 導入規模により0円〜

SNS

サービス名 企業名 特徴 価格
Airy (株)ガイアックス 400社以上の導入実績を持つ企業SNS。内定者・新入社員向けの「エアリーフレッシャーズ」、育児休業者向けの「エアリーダイバーシティ」などユニークな切り口のサービスが提供されている。 初期費用20万円 月額費用(利用サービス、人数によって変動)
DB SNS SaaS (株)インタークエスト ユーザーを限定したクローズドなコミュニティを簡単に構築できる。ユーザーごとの利用権限の細かさも特徴。 初期費用5万2500円 月額料金1万2600円(30ユーザー)
SKIPaaS TIS(株) 「ノウハウ」や「ナレッジ」といった暗黙知を蓄積・可視化し社員間で共有することを目的とした企業SNSサービス。強力な全文検索機能やキーワードランキング機能などが用意されている。 7万9800円/月

その他

名称 企業名 特徴 価格
Google Apps Premier Edition グーグル(株) Googleが提供する7つのWebアプリケーション(Gmail、Google トーク、Google カレンダー、Google ドキュメント、Google サイト)が利用できるパッケージ。APIを使って既存のシステムとユーザー管理を統合することも可能。 1ユーザー年間 6000円
FastHelp SaaS FastHelp 電話対応・メール対応履歴を一元管理できるコンタクトセンター/コールセンター向けのアプリケーションで、500社以上に導入されている「Fast Help」をSaaS化。 初期費用30万円 月額料金3万円(1ユーザー)
ワイズマンASPサービス (株)ワイズマン 在宅ケアマネジメント支援システムや、デイサービス管理システムなど福祉・介護向けのサービス。 -

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
アクセスランキング

集計期間:2020年07月29日~2020年08月04日

ピックアップ