このページの本文へ

1029万画素CMOSセンサー搭載のHDビデオカメラ

小型・軽量に生まれ変わったビクターの「Everio」

2009年05月21日 14時00分更新

文● 橋本 優/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ビクターが6月上旬に発売予定のハイビジョンビデオカメラ「Everio X」(GZ-X900、実売12万円前後)は、従来のモデルからあらゆる部分を一新した機種だ。

「Everio X」

「Everio X」(本記事の写真の実機はすべて海外モデルのもの)


イメージ一新の小型・軽量ボディ

 従来のEverioというと、HDD内蔵の「ごつい」イメージか、もしくは女性向けのラグジュアリーなカラーリングというイメージがあった。しかし、今回のEverio Xは記録メディアにSDメモリーカードを採用し、コンパクトなボディが特徴。本体サイズは幅37×奥行き124×高さ66mmで、重量は300g(バッテリー装着時)だ。カラーリングもシックなブラックのみで「大人の男のツール」的なイメージになっている。

手に持ってみる。手のひらに載るサイズだ

手に持ってみる。手のひらに載るサイズだ

グリップ部分はカーボン柄で高級感を演出している

グリップ部分はカーボン柄で高級感を演出している

付属のクレイドルに載せたところ。側面のシルバーの線がクレイドルまで続く

付属のクレイドルに載せたところ。側面のシルバーの線がクレイドルまで続く。クレイドルは本体の充電が可能なほか、コンポーネント出力やビデオの出力、USB端子を搭載する


1000万画素のCMOSセンサーを搭載

CMOSセンサー

新開発のCMOSセンサー

Everio Xの内部基板

Everio Xの内部基板

 撮像素子に総画素1029万画素の1/2.33型 CMOSセンサーを採用。静止画撮影時の有効画素は915万画素(4:3で最大3456×2592ドット)、動画はもちろんフルハイビジョン(AVCHD方式)で撮影できる。動画の高画質(UXP)のビットレートは24Mbpsとなる。

 また、画像処理エンジン「HDギガブリッドPremium II」により、動画撮影中でも有効530万画素での静止画撮影が行なえる。

 さらに、0.4秒ごとに最大6コマの静止画連続撮影ができるほか、最大600コマ/秒という「スーパースローモーション」撮影が可能。その際の解像度は640×72ドットとなる。

新開発のレンズ部

新開発のレンズ部

ディスプレー左横にはタッチセンサーを搭載。指をスライドすることでスクロール操作などができる

ディスプレー左横にはタッチセンサーを搭載。指をスライドすることでスクロール操作などができる

 小型の本体に合わせ、レンズや光学手ぶれ補正機構も新開発した。レンズのF値はF3.4~5.6、焦点距離はf=6.7~33.5mm(35mm換算で動画は46.5~232.5mm、静止画は38.3~191.5mm)で、光学5倍(デジタル200倍)のズームが可能だ。

 ディスプレーは2.8型(20.7万画素)で、従来機種と同様に液晶パネル左側にタッチセンサーを搭載。指をスライドさせることでスクロール操作などができる。

 バッテリー駆動時間は1時間15分(実撮影時間は40分)となる。なお、本体にはHDMI出力を搭載し、撮った映像を大画面テレビに表示して視聴できる。

バッテリーはディスプレーを開いたところに装着する

バッテリーはディスプレーを開いたところに装着する

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画