このページの本文へ

世界初のスーパーハイビジョンプロジェクター登場

2009年05月12日 15時51分更新

文● 橋本 優/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ビクターが、世界初となるフル解像度のスーパーハイビジョン表示が可能なD-ILA方式のプロジェクターを開発した。

スーパーハイビジョンプロジェクター

スーパーハイビジョンプロジェクター

 スーパーハイビジョンとは、NHKで研究開発中の次世代テレビ向けフォーマットで、7680×4320ドットの解像度(現行のフルハイビジョンの16倍)で映像を表示する。

 D-ILA(Direct-drive Image Light Amplifier)は日本ビクターが開発した反射型液晶デバイスで、黒の再現力が高いのが特徴。

 大型のプロジェクターとしては高い輝度(1万ルーメン)の表示が可能で、5500:1という高いコントラスト比を実現しているという。

 発売時期や価格は未定だが、5月21日から24日まで実施されるNHK放送技術研究所の一般公開で展示される予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画