このページの本文へ

ユニクロ、中国進出「37店舗」目はネットモールで

2009年05月11日 15時11分更新

文●通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ユニクロは、中国の電子商取引企業グループ最大手「アリババ:Alibaba」の中核をなすショッピングサイト「タオバオ:TAOBAO」とのパートナーシップにより、中国におけるネット通販事業を開始する。

タオバオ(TAOBAO/淘宝網)

タオバオ(TAOBAO/淘宝網)のトップページ。中国最大のショッピングサイト。なお、ユニクロはすでに中国に36店舗を展開している

 これによって、ユニクロは中国全土のユーザーに高品質なユニクロ商品を提供するとともに、広大な国土をもつ中国において、ユニクロブランドの認知拡大を図っていく構え。

 一方のユニクロの中国向け独自サイトは、全世界のユニクロサイトと共通のフォーマットとし、「UNIQLOCK」など人気ウエブコンテンツも提供する。両サイトともユニクロの主要商品、約500アイテムの購入が可能。

【記事提供】

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く