このページの本文へ

PhotoFast「G-Monster PROMISE PCI-e専用SSD」

“超高速&超高価”を謳うPCI Express対応SSDのデモ開始!

2009年05月08日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PhotoFastから近日発売予定となっているPCI Express対応のカード型SSD「G-Monster PROMISE PCI-e専用SSD」のデモがドスパラ秋葉原本店でスタートした。

「G-Monster PROMISE PCI-e専用SSD」 製品
ドスパラ秋葉原本店でデモ展示を開始したPhotoFast製PCI Express対応のカード型SSD「G-Monster PROMISE PCI-e専用SSD」

 「G-Monster PROMISE PCI-e専用SSD」は、サイズ120(W)×270(D)×43.5(H)mm、重量約980gとなるPCI Express x8インターフェイス対応のカード型SSD。ECC DDR2 256MB+64MB×4 SDRAMのオンボードキャッシュや、PROMISE製のRAIDコントローラーを搭載する。ラインナップは128GB「GM-PCIE128GSSDM」、256GB「GM-PCIE256GSSDM」、512GB「GM-PCIE512GSSDM」、1TB「GM-PCIE1TBSSDM」の全4モデル。転送速度は1TBモデルが最大読み込み1000MB/sec、最大書き込み950MB/secと超高速を実現しているのが特徴だ。

外観 画面
外観はハイエンドビデオカードと同程度のサイズ(写真はPalit製のGeForce GTX 250)。内部には容量128GB×4台のSSDを搭載しRAID 0で動作している
ブラケット部 製品名
仕様上、占有スロットは2スロットとされているが、実質的には3スロットは使用できない可能性もありそう。同店でもデモ用のVGAを2スロ仕様のGeForce GTX 250から1スロ版のGeForce 9500 GTに変更したという
価格
価格は以前にお伝えしたとおり。販売は今月18日以降の予定となっている

 アキバ初お披露目となった同製品だが、外観はご覧のとおりハイエンドビデオカードと同程度のサイズ。また仕様上、占有スロットは2スロットとされているが、実質的には3スロットは使用できない可能性もありそうだ。なお、背面には40mm角の冷却ファン1基と4ピン電源コネクタ2基が用意されている。
 ドスパラ秋葉原本店では、CPUに「Core i7 920(D0ステッピング)」、メモリに「DDR3-1333 2GB×3(Samsungチップ)」、マザーボードにFoxconn「FlamingBlade GTI」(X58搭載)を使用したデモ機を用意。これにサンプル版とて入荷した容量512GBモデルの「GM-PCIE512GSSDM」を搭載してデモを行なっている。期間は来週14日(木)まで。CrystalDiskMark 2.2を使った計測結果などを実際に見ることができる、よい機会となるだろう。

CrystalDiskMark 2.2 スペック
CrystalDiskMark 2.2を使った計測結果。50MB(左)と500MB(右)で計測。50MB時には1000MB/secオーバーを記録しているのが分かる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中