このページの本文へ

マイクロフォーサーズ2号機の実力は!?

目玉はやっぱり動画! パナのデジイチ「GH1」を試す

2009年05月11日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

静止画の画質をチェック!

 ISO感度は最大で3200とそれほど高い数値ではないが、高感度の画質はなかなかよく、APS-Cに迫るノイズの少なさだ。ISO800まではノイズも気にならず実用的。1600、3200とノイズは増えるが、それでもコンパクトデジカメに比べれば十分な描写力を持っている。


感度による画像の違い

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200



マルチアスペクト対応や暗部補正なども搭載

マルチアスペクトでの撮影

1:1

1:1

4:3

4:3

16:9

16:9

3:2

3:2

 GH1では、コンパクトデジカメでお馴染みの4:3、デジタル一眼では標準の3:2、ハイビジョンと同じ16:9のほかに、今回新たに1:1のフォーマットが加わった。

 イメージサークルよりも一回り大きなセンサーを使用し、1:1を除く3つのアスペクト比ではどれを選んでも対角線画角が同じになる。



暗部補正

オフ

オフ

弱

中

強

 逆光などで暗くなりがちな部分を補正する暗部補正は3つの強さから選べる。シャドー部が多いシーンでは強めにかけると見た目に近い仕上がりになる。



レンズ収差

広角側

広角側

望遠側

望遠側

 湾曲収差は結構抑えられている。広角側で極四隅でシャープネスの低下が見られるが気にするほどでもないだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン