このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

長~く使える極上のPCケース2009 第1回

イケてるケース、ナイスなケースを紹介!

長~く使える極上のPCケース2009【アビー編】

2009年05月22日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケースパネルの固定ネジには、樹脂製のワッシャーが付属。細かいポイントだが、ネジ止め時に塗装がハゲるとかなりのガッカリを味わうので、なにげにうれしい。さらに標準の固定方法は通常のネジだが、手回しネジも付属する

ケース後方には排気用の6センチファンを1基搭載。ファン搭載位置を変えることで、もう1基6センチファンを搭載可能。美しいデザインのフィンガードにも注目

コンパクトなキューブ型のため、大柄なATX電源ユニットを搭載すると、ケース内部はかなり狭くなる。右写真は電源ユニットを外側へ約28mm追い出して搭載できる、付属のブラケットを使用したもの。少々見た目は悪くなるものの、奥行きが長い電源ユニットも利用できるのがうれしい

前面のUSB端子などのケーブルをスマートにまとめられるケーブルホルダーを搭載。贅沢にアルミを使用しているのがすごい。なおこのホルダーを用いると、前面に搭載可能な9cmファンは1基減ってしまう

シャシーの切断面はしっかりと面取りされている。また、内部のステンレス製シャシーがしっかりと磨かれているのも注目

光学ドライブ用のベゼルカバーが付属し、デザインをケースに完璧にマッチさせられる

アビーならではの美しい仕上げが好印象。ただ、ケース内部はかなり狭い

 ケース前面下のエアインレットなど、静音とデザインにこだわった工夫はアビーならでは。切断面の面取りや、吸い付くようにはまるトップ/サイドパネルなど、工作精度も非常に高い。ただ、内部のレイアウトには少々疑問が……。ATX電源ユニットが干渉するため、CPUクーラー上部にはスペースがほとんどなく、ロープロファイルCPUクーラーでもかなりギリギリ。また、小型化を優先したため、拡張スロットは長さ19.5センチのものが1基ぶんしかなく、2スロット占有のビデオカードを搭載できないからだ。
 高性能パーツの使用こそキビシイものの、静音を重視したいオフィスやリビングなどでは、それは大きな問題にならない。それよりも息を呑むほどに美しい外装は、机上で使うキューブケースでは何よりの魅力。ディスプレーのすぐ横など、いつも目につく場所で使いたくなるケースだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中