このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2009 第1回

イケてるケース、ナイスなケースを紹介!

長~く使える極上のPCケース2009【アビー編】

2009年05月22日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

acubic C10

●URL:http://www.abee.co.jp/Product/CASE/acubic/C10/
●実売価格:1万9980円~2万3980円前後(カラーによって異なる)

スタイリッシュ+静音だから、
机の上で使うのが楽しい

 よく目につく机の上で使うからこそ、キューブ型ケースはデザインや静音性にこだわりたい。acubic C10はフラットサーフェイスのシンプルなデザインと、美しい塗装が魅力のMini-ITX対応ケース。10種類ものカラーバリエーションがあり、選ぶ楽しみもある。さらにアルミ製ならではの軽さで、机の上での移動を容易に行なえるほか、アビーらしく静音にこだわっているのもポイント。汎用性の高いATX電源ユニットや、5インチ光学ドライブを搭載できるなど、使いやすさにもこだわった。電源ユニットの流用など、余剰パーツを使ったサブマシンの自作やキューブPC自作の入門にも好適だ。

アクリルパネルによる光沢が美しいフロントパネル。塗装の質感も非常に高く、見ているだけでうれしくなるほど。写真はホワイトパールマイカモデル。パールの粒子はキメ細かく、嫌みがない。パーツの密集度が高いキューブ型ケースのため、アビー製ケースではめずらしく、側面に排熱口がある

5インチベイを備えるため、ケースは全体に高さがある。アルミとステンレスのハイブリッドシャシーは内部も仕上げが美しい。HDDは5インチベイに吊り下げるのではなく、ケース右側面に搭載するのがユニーク

気になるポイントをチェック!

 冷却性能はキューブ型ケースのキモとも言える部分。静音と冷却を両立するアビーのチャレンジを探る。さらに、使い勝手を高めるこだわりの工夫も要チェックだ。

静音性と吸気性能を両立できる、アビー独自のケース前面下のエアインレットは、もちろんacubic C10も採用。吸気用に9cmファンを2基搭載可能(ファンはオプション)

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中