このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

DreamParty東京2009春【痛車編】! そして立川で祭の予感がっ!

2009年05月07日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やってるコトも痛い人たちを発見!
二次元立川実行委員会

 痛車展示ブースは、これまで紹介した痛車たちとなっていたが、一般企業ブース展示されている痛車が1台。

企業ブース(非18禁エリア)に展示されていた、西又 葵号!

 えーと……。ブースは貧弱な1コマ(失礼!)なのに、痛車の展示スペースが大企業なみの3コマ分ぐらいある! そのブースの名は、二次元立川実行委員会である! 怪しい!怪しすぎるっ!
 ということで、アポなしの突撃取材を敢行!
 ブースに待機していた実行委員会の方に話を伺った。
 「コレなんっすか?」という取材班の質問に対し、

「痛車にもデザインされているとおり、私たちが行なっているのは“立川市魔法都市化ぷろじぇくと”、通称“たち・ぷろ”です」

とのこと。

確かに可愛い西又絵の横には、「たちぷろ」とURLが記載されている!

 やべー! ヤベー人たちだっ!という動揺を隠しつつ、「その“たち・ぷろ”っていうのは、立川市を魔法都市化して征服しようとか?」と聞いて見ると、

「東京・立川を舞台にした、街と二次元カルチャー系の融合を目指す新感覚・参加型ムーブメントです。そのためキャラクターとして、立川に縁のある人気イラストレータ西又 葵さんに、マスコットの“立川 たっち”を生んでもらいました」

という。
 どうやら痛車をはじめとした2次元系カルチャーで街おこしをしようとしているようだ。ん~、なんか斬新で面白そうなアイディア! たちぷろメンバーは、立川市役所の人ってわけでもないので、非常にフランクで我々にも優しい方々だ。

どうやら変身前は幼女の“たっち”もいるらしい。変身するとボンネットの大人になる!

 キャラクターは誰がどう見ても一発で分かる西又 葵さんのもので、幼女バージョン(ドアサイド)と大人バージョン(ボンネット)がある様子だ。さらに! 魔法少女シリーズには、忘れちゃならねー

 白くて丸くてフワフワしたマスコットもいるっ!

 それがドアサイドに描かれた、独活(うど)の妖精「うーたん」! アニメスタジオのぴえろもビックリの設定だ!
 キーワードは「2009年、たっちが立川の街に魔法をかける!」となっており、5月5日より公式のWebページも公開されている。キャッチフレーズは「こんどは街が“痛”くなる。」としており、見る・集める・遊ぶ・体験するイベントが企画されている様子だ。ただ現時点では、その内容は非公開となっており、随時公式サイトやメールマガジンで発表されるとのこと。

痛車としての完成度も非常に高い、たっち号! アグレッシブなスタンスが大好きなASCII.jpとしては、ぜひ応援したい!

 我々取材班は、なんだかとてつもない祭が開催されるのでは?と確信した! 立川在住というような制限は一切ないため、ジャンジャンたちぷろ公式ページからメールマガジンに登録して欲しい!

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ