このページの本文へ

これぞ定番! iMac+iPod touchで始める音楽生活

2009年05月08日 16時00分更新

文● 宮下英之、広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ここがキモ! iTunes&iPodの設定

 iMac+iPod touchの音楽生活は、実機さえ手に入れればあとの設定でそう迷うところはない。基本的には……

  • iMacとiPod touchをつないで初期設定を済ませる
  • 音楽CDをパソコンに取り込む(iTunes Storeから買う)
  • iPod touchに転送して聴く

というシンプルな流れだ。全体をオーバービューすると冗長になってしまうので、ポイントを絞ってお伝えしていきたい。

最初にiPod touchをiMacにつなぐと、初期設定画面が現れる

初期設定では自動でiTunesの曲がすべて転送されてしまう。同期する曲を選びたいときは、iTunesの左側に現れたiPod touchアイコンをクリックして、「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れよう


1.間違ったタグ情報を直すべし!

 iTunesやiPod touchで表示される曲名やアーティスト名といったタグ情報は、iMacがインターネットにつながっていれば自動的に取得して音楽データに埋め込まれる。

 全自動でやってくれるのは便利だが、中には同じアーティストの作品なのに、CDによって「Pop」や「Rock」などのタグが異なることもある。曲を探しやすくするためにも統一しておきたいところだ。

 iTunesでは複数の曲を一括選択して、そのタグ情報を一度に変更する機能を備えている。「command」キーを押しながら変更した曲をクリックして複数選択し、「command」+「I」キーを押して現れる情報ウィンドウで編集しよう。

複数の曲を選択

自動取得した情報では特にバラバラになりやすいジャンル。「command」キーを押しながらクリックすると複数の曲をまとめて選択可能だ

入れ直す

「情報」ウィンドウで変更したい項目にチェックを入れて入力し直す


2.欠けたアルバムジャケットを取得すべし!

 iPod touchは、曲名だけでなくアルバムのアートワークをめくりながらグラフィカルに選べる。ただ、曲の取り込み時、インターネットからアートワークを取得できないことも少なくない。「歯抜け」になってしまうとiPod touchに表示した際にカッコ悪いので、手動で埋め込んでおきたいところだ。

 まず試してみたいのは、メニューバーの「詳細」にある「アートワークを入手」だ。iTunes Storeで販売しているアルバムなら、これを選ぶだけで追加される。ただしこの機能を利用するには、「iTunes Store」でApple IDを作り、サインインしてある必要がある。

アートワーク

「詳細」から「アートワークを入手」を選ぶと……

アートワーク

警告ダイアログが現れるので「アートワークを入手」をクリック

アートワーク

iTunes Storeに曲があれば即座に追加される

「iTunes Store」画面の右上にある「サインイン」ボタンをクリックするとサインインウィンドウが現れる。Apple IDを持っていない場合は「新規アカウントの作成」ボタンを押し、指示に従ってメールアドレスなどを入力しよう。クレジットカードなどの支払い情報は入力しなくてもいいので安心してほしい

 もちろん、iTunes Storeで販売されていない楽曲もたくさんあるため、これで入手できないアルバムジャケットは多い。そんなときは、品揃えが多い「Amazon.co.jp」のアルバム画像を取得してくれるウィジェット「Amazon Album Art」(作者:WidgetFoundry 価格:無料)を試してみよう。

 ジャケット画像を追加したいアルバムを選んだ状態でウィジェットを起動し、左上のiTunesアイコンをクリックすると検索が始まる。ヒットしたら「iTunesでアルバムアートに設定する」をクリックすればいい。

Amazon Album Art

iTunesで曲を再生しながらウィジェットを起動し、左上のiTunesボタンをクリック。ジャケットが見つかると表示される。まれに異なるアルバムが出てくる場合もあるが、そんなときは右上のアイコンをクリックすると別の候補が現れる

Amazon Album Art

環境設定では、世界各国のAmazonウェブサイトを設定できる。邦楽なら「Amazon.co.jp」、洋楽ならその国のAmazonを選ぶといいだろう

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中