このページの本文へ

新型インフル ポータル対応相次ぐ中、便乗スパムも!

2009年05月07日 08時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
注意のページ
国立感染症研究所の注意ページ

 風評被害への懸念から、新型インフルエンザという名前が定着し始めた豚インフルエンザ(厚生労働省の呼び方は「新型インフルエンザ(豚インフルエンザH1N1)」)だが、早速この騒動に乗じたスパムメールが報告されている。

 当該メールは、Subjectが「豚インフルエンザに注意!」となっており、送信元は「国立感染症研究所」を詐称している。添付の「ブタインフルエンザに関する知識.zip」を開かせることで、マルウェアを仕掛けようという試みのようだ。

 国立感染症研究所では、同所からはnih.go.jpのドメインからしかメールを出さない点、そもそもメールサービスなどは行なっていない点をWebページにて告知している。


gooも新型インフルエンザ特集ポータル!

特集ページ
gooヘルスケアの新型インフルエンザ特集

 ポータルサイトの新型インフルエンザ対策ページ設置も着々と進んでいる。NTTレゾナントのgooは、健康情報サイト「gooヘルスケア」にて、新型インフルエンザに関する情報を提供する「新型インフルエンザ特集」を開設した。

 同特集の内容は、新型インフルエンザ関連ニュース、「教えて!goo」内で提供している新型インフルエンザに関する質問・回答、インフルエンザ予防コラムなどとなっている。なお、このページからリンクが張られている「gooニュース 写真ギャラリー ウイルスの脅威」は、ゴールデンウィークの帰国ラッシュに対応する検疫官260人の物々しい姿などが掲載され、緊迫感が漂った状況が報じられている。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ