このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「ASUS 20周年大感謝イベント」

タッチパネル一体のキーボードPCも展示! ASUSTeK感謝祭

2009年05月03日 22時00分更新

文● 宇田川/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えした、ASUSTeK主催のイベント「ASUS 20周年大感謝イベント」が、本日5月3日(日)CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて開催された。

「ASUS 20周年大感謝イベント」 会場
ASUSTeK主催のイベント「ASUS 20周年大感謝イベント」が、本日5月3日(日)CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて開催

 イベントではASUSTeK製マザーボードのネーミングルールを交え、細分化されたグレードの解説や日本初公開となるマザーボードの「Marine Cool」、まだ発売も決まっていない最新製品を展示。さらに、今まで発売されたASUSTeKの懐かし人気歴代マザーボードを展示するミュージアムコーナーも設置され往年の自作ユーザーの郷愁を誘っていた。

イベントプレゼンテーション

岩崎 晋也氏 イベントプレゼンテーションを行なうASUSTeKの岩崎 晋也氏

 イベントプレゼンテーションではASUSTeKの岩崎 晋也氏がASUSTeKのマザーボードをネーミングルールを交え、細分化されたグレードの解説。
 マザーボードは一見して型番が複雑そうに見えるが、ルールが分かってしまうと非常に簡単とし、その見分け方をレクチャーした。例えば、インテルチップセットの場合、型番の末尾の記号が“Premium”は最上級だが特殊な仕様(となる場合が多く)、本当の最上級は“Deluxe”で、Deluxeと同じ設計の基板を採用して電源のフェーズ数が違う程度のお買い得モデルが“E”、末尾の記号がないモデルはCrossFireXに対応してないもの、“PRO”は無印の製品がCrossFireXに対応したものと考えると分かりやすいとした。

インテル「Core 2」対応製品の選び方 AMD「Phenom」対応製品の選び方
インテル「Core 2」対応製品の選び方AMD「Phenom」対応製品の選び方
R.O.G.シリーズの選び方 ネーミングルール
オーバークロッカー向けのR.O.G.シリーズの選び方型番のネーミングルールを理解すると最適なマザーボードが一目瞭然とのこと
ツール 使用例
プロ仕様のR.O.G.シリーズでなくともマザーボードに付属するオーバークロックツールでWindows上から簡単にオーバークロックすることもできるのが特徴(※付属ツールはマザーボードによる)。手軽にオーバークロックするには最適だとした

未来のASUSTeK製品

 イベント会場には発売日未定という新製品も展示された。実際に販売されるか否かなども現時点では確定していないという。
 ただし、モック展示されたマザーボード「MARINE COOL」と異なり、実際に駆動しているAtom搭載タッチパネル液晶付きキーボードPC「EeeKeyboard PC」に関しては、いつ出荷されても不思議はない仕上がりとなっていた。近い将来の発売を期待してもよさそうだ。

「EeeKeyboard PC」

EeeKeyboard PC EeeKeyboard PC EeeKeyboard PC
EeeKeyboard PC EeeKeyboard PC EeeKeyboard PC

 キーボードと小型液晶が一体化しているEeePCというコンセプトの「EeeKeyboard PC」。先に発売されたNetbook同様、Atomを搭載する。キーボードは発光タイプで、サイドの5インチ液晶(800×480)はタッチパネル式。残念ながら、本日の時点では発売日未定・価格未定・仕様未定とのこと

「MARINE COOL」

MARINE COOL MARINE COOL MARINE COOL

 メモリ内蔵やバッテリー搭載、セラミック技術を利用した基板などが特徴の「MARINE COOL」。型番名でもわかるとおり、戦場の最前線でも駆動することをイメージしたとのこと。なお、こちらも本日の時点では発売日未定・価格未定・仕様未定。しかも、駆動していた「EeeKeyboard PC」とは異なり展示品はモックとなる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中