このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2009 第4回

知ったかは恥ずいゼ 2009

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2009【メモリ&HDD編】

2009年05月02日 22時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最大メモリ容量の話:チップセット編

 ここまではOSの話。次は、チップセットの話をしよう。というのも、チップセット側にも物理的なメモリ上限があるからだ。というわけで、調べてみたのが以下の表だ。

Intel 最大メモリ容量 対応メモリ
X58 Express CPUに依存
(Core i7は24GB)
DDR3
X48 Express 8GB DDR3/DDR2
X38 Express 8GB DDR3/DDR2
975X Express 8GB DDR2
955X Express 8GB DDR2
925X Express 4GB DDR2
P45 Express 16GB DDR3/DDR2
P43 Express 16GB DDR3/DDR2
P35 Express 8GB DDR3/DDR2
P31 Express 4GB DDR2
G45 Express 8GB DDR3/DDR2
G43 Express 8GB DDR3/DDR2
G41 Express 8GB DDR3/DDR2
G35 Express 8GB DDR2
G33 Express 8GB DDR3/DDR2
G31 Express 4GB DDR2
P965 Express 8GB DDR2
G965 Express 8GB DDR2
965GC Express 4GB DDR2
NVIDIA 最大メモリ容量 対応メモリ
nForce 790i SLI 非公開 DDR3
nForce 780i SLI 非公開 DDR2
nForce 680i SLI 16GB DDR2
nForce 590 SLI 16GB DDR2
nForce 780a SLI 8GB DDR2
AMD 最大メモリ容量 対応メモリ
790シリーズ CPUに依存
(最大 4枚まで)
CPUに依存
780シリーズ

 Intel X58 Expressおよび、AMDのCPUをサポートする製品は基本的にCPUに依存することになる。そして現行のCore i7は24GB、AMDのPhenom IIやPhenom、Athlon X2に関してはメモリ枚数が最大4枚という定義しかなく、最大メモリ容量は公表されていない。ただ、ほとんどのマザーボードメーカーでは、最大容量を提示している。

GIGABYTEのGA-MA790XT-UD4Pは、DDR3に対応し最大16GBまで搭載可能

 そしてもう1つ気をつける必要があるのは、マザーボードがチップセット(またはCPU)の最大容量までメモリを搭載できるとは限らない、という点だ。つまり最終的には、マザーボードのパッケージなり、メーカーのウェブサイトでどのくらい搭載できるかを調べるほかない。
 もっとも、今のところ4GB搭載してしまえば、Windows XPもVistaも次期Windowsでも、困ることはないだろう。

メモリブランドを選ぶ意味はあるのか?

 PCパーツショップで恐らくもっとも悩むのがメモリのブランドだろう。DDR400のSDRAMモジュールが出回り始めた頃は「JEDEC準拠のSAMSUNGで」と指名買いが続出するほどだった。当時、相性問題に悩まされた人も多かったのではないだろうか。
 しかし、現在販売されているメモリは、DDR2にしろDDR3にしろ、昔ほど相性問題は発生しなくなっている。これは発売から時間が経過し、マザーボードメーカー、メモリメーカーともにノウハウを蓄積した結果でもある。とはいえ、激安のバルク品を買うのは恐いと思う人もまだ多い。
 そんな人は、多少高くなるが「ブランド品」を買うことをオススメしたい。「Corsair」「Transcend」「Kingston」「Crucial」「SanMax」、「UMAX」や「CFD」「PQI」などの有名メモリモジュールメーカーの製品を選ぶとよいだろう。

PQIは比較的安価で、信頼性もそこそこ高い

国産のメモリモジュールメーカー SanMax。価格はやや高いが信頼性も高い

 それでも心配!という諸氏は、PCパーツショップが独自に実施している「メモリ相性保証」に加入しよう。大抵の場合、数百円程度で保証がつき、相性によって認識しないといったトラブルの場合は、差額で別のブランドのメモリモジュールに交換してくれる。ちなみに筆者は、一度もこの手のサービスを利用したことはないが、相性問題で特に困ったことはない。人によっては相性出まくり、という噂も伝え聞くので、単に運が良かっただけなのかもしれない。運とスキルに自信のある方は、あえて激安なバルクメモリに挑戦してみるのも、自作の一つの楽しみである。

プチ袋や静電防止袋に入った格安のバルクメモリ。運が悪いとアタルかもしれない?

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中