このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2009第3回

知ったかは恥ずいゼ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2009【ビデオカード編】

2009年05月01日 22時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイブリッドなマルチGPU環境

 マザーボード編で紹介した、GeForce 9300 mGPUは単体でもそこそこの性能を発揮するが、これにGeForce 8500 GTなどのカードを差すことで、さらにパワーアップすることができる。つまり、チップセットに内蔵されたGeForce 9300 mGPUと8500 GTをSLI動作させて、パフォーマンスを底上げするというものだ。これを「Hybrid SLI」(関連記事)と言う。
 同様に、AMDでも、AMD 780GとRadeon HD4000シリーズなどを組み合わせた「Hybrid CrossFireX」というものもある。
 どちらもGPU内蔵チップセットに、ローエンドのビデオカードを組み合わせ、ワンランク上の性能にしよう! というもので、それ以上でも以下でもない。ビデオカードが余っているなら、差してみるとちょっぴり幸せになるかもしれない程度である。

PhysX SLI

 もう一つ変わりダネとしては、NVIDIAの「PhysX SLI」(関連記事)というのがある。これはWindows Vista環境専用で、さらにGeForce 9000シリーズであれば、どんな組み合わせでも利用可能、しかも、SLIに対応していないマザーボードでも利用できる。
 これは、PhysX処理(物理演算)と通常の描画処理を別々のGPUにて実行することで、パフォーマンスの低下を防ごうというものだ。その効果を発揮するには、最低でもミドルレンジ以上のビデオカードを2枚搭載する必要があり、そのコストの割りに得られる恩恵は今のところ少ないため、あまり普及していない。ただ、将来的にPhysXの有用性が上がってくれば、こういうこともできる、ということを覚えておくと役に立つかもしれない。

Mirror's EdgeにおけるPhysX SLIの効果

グラフは、PhysX SLIを試した際の結果(標準設定/単位:fps)。GTX 285 OC+9800 GT、GTX 260+9800 GTの結果が、それぞれ単体時よりも大きく向上していることが分かる

目的で選ぶビデオカード

24インチ液晶ディスプレイ&フルHDで最新ゲームをプレイする

 フルHDとは、1920×1200ドットまたは1920×1080ドットの解像度を指す。この解像度で、ゲームプレイをするとなると、軽いといわれるオンラインゲームでもそこそこのパフォーマンスが必要となるだろう。また高解像度にすると逆に目だってしまうものがある。それはジャギーと呼ばれる、斜め線がギザギザに見える現象のことだ。これを軽減するためには、アンチエイリアシングという技術をゲーム設定で有効にすれば、より滑らかな表示となる。しかし、この設定は非常に処理が重いため、エントリーレベルやローエンドの製品では、ゲームプレイができないほどカクカクするだろう。

アンチエイリアシングを無効にした状態アンチエイリアシングを有効(4xMSAA)にした状態

 というわけで、フルHDでどんなゲームでも、「どーんとこい!」と言えるビデオカードは、おおよそ2万5000円以上の製品が選ぶ目安となる。具体的には以下の製品だ。

  GPU 実売価格 消費電力 電源コネクタ
NVIDIA GeForce GTX 295 5万5000円前後 289W 6+8
GeForce GTX 285 4万3000円前後 183W 6×2
GeForce GTX 280 5万円前後 236W 6+8
GeForce GTX 275 3万円前後 219W 6×2
GeForce GTX 260 2万7000円前後 182W 6×2
  GPU 実売価格 消費電力 電源コネクタ
AMD Radeon HD 4870×2 5万5000円前後 286W 6+8
Radeon HD 4890 3万円前後 190W 6×2
Radeon HD 4870 2万7000円前後 160W 6×2

 この中で、GeForce GTX 295とRadeon HD 4870×2は、1枚のカードに2つのGPUを搭載し、マルチGPUとすることで性能を引き上げたモデルとなっている。その分、消費電力も高めとなっているが、マルチGPUにハマったときの速さは別格だ。逆を言えば、マルチGPUで速度が上がらないタイトルでは、下位モデル並の性能しか出ないことになる。
 さてこれらのビデオカードを購入した場合、どのくらいの電源ユニットを購入すれば良いだろうか。  筆者の独断と偏見と経験によって以下の公式を作ってみた。

消費電力の目安
CPU 130W
マザーボード 20W
メモリー 1枚あたり4W
HDD 1台あたり25W
光学ドライブ 25W
ファン類 1個あたり2W

 一般的なPCだと、130+20+4×2+25+25+2×3=214Wくらいとなる。これにビデオカードの消費電力を足して、その合計に1.5を掛けたくらいが電源ユニットを選ぶ目安になる。
 例えはRadeon HD 4870を装着すると、
 (214+160)×1.5=561W
となるので、600W程度の電源容量があれば余裕を持って動作するだろう。
 同様に、GeForce GTX 295を2つ積むと、
 (214+289+289)×1.5=1188W
になるので1200W以上の電源が必要というわけだ。

 これはあくまでも大まかな目安であって、絶対的なものではないが、容量に悩んだら、この式を参考にして欲しい。
 さて、この中でもっともバランスが良い製品を選ぶとすれば、GeForce GTX 280と、Radeon HD 4870だ。どちらも発売から時間が経過しているが、GeForce GTX 280は、GTX 285とそれほど変わらない性能ながら、消費電力が低い点が魅力。Radeon HD 4870は、価格の割りに性能が高い点が魅力となっている。

ELSA「GLADIAC GTX 280 1GB」(GeForce GTX 280)SAPPHIRE「SAPPHIRE HD 4870 2GB GDDR5 PCIE HDMI VAPOR-X」(Radeon HD 4870)

※訂正とお詫び:記事初出時、GeForce GTX 285の電源コネクタ数に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中