このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プラレール生誕50周年! プラレール博 in TOKYOで涙する……

2009年04月30日 18時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第2会場はチビッ子向けアトラクションで大盛況!

 さらに第2会場へ移動すると、チビッ子向けのアトラクションが多数あり、子供たちが歓喜の声をあげている。中でも面白いのは、1分間にプラレールが何両釣れるかを競うアトラクション「プラレール釣り」だ。

中間車両を何両釣れるか? 釣ったうち1両をプレゼントとしてもらえる(有料)

 そして「プラレールあみだくじ」。好きな線路に車両を置いて走らせると、終点に当たりハズレがあるというモノだ。

「プラレールあみだくじ」も面白そうだった(有料)

 クリア賞だと銀メッキプラレールがもらえる。もちろんクリアできなくても参加賞がある。

 さらに無償のアトラクションとして、レールを好きなだけ使ったレイアウトを親子で作って楽しめるプレイランドなどがある。

力作を作っている親子もたくさん。チビッ子より、親の方が真剣になっているファミリー多数(笑)

 イベント記念品があり、イベント会場でしか手に入らないアイテムが買える。

イベント記念商品コーナー。白いレールと橋脚の「雪国レールセット」や、鉄人28号こと南海ラピート(クリアカラー)

子供よりお父さんが買っていくという、100系新幹線(しかも東北・上越色!)に0系新幹線

「スーパーひたち」に目玉おやじ号!

 この「目玉おやじ」号は、両運転台のキハ40ってのがたまらなくカッコイイ! マジで買ってこようかと思ったよ(笑)。

 精巧にできたNゲージやHOゲージにはない、温かみを感じるプラレール。鉄道ファンなら絶対に2時間以上は楽しめるイベントに足を運んではどうだろう。なにせ取材予定時間は1時間だったが、あまりに楽しくて3時間も会場にいたぐらいだ……。
 ゴールデンウィークの高速道路は、例年にない渋滞が予測されている。であれば、ガラガラの都内で楽しく時間を過ごす方がトクってもんだ。
 なによりプラレールが500編成、車両数にすると1500両は余裕で越える数を一度に見られるチャンスなんて滅多にない!

「プラレール博 in TOKYO ~プラレールの楽しさいっぱい新発見!~」 

開催期間:4月28日(火曜日)~5月6日(水曜日・祝日) 9日間
開催時間:10時~16時30分(最終入場は16時まで)
場  所:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階 Aホール
料  金:大人(中学生以上)800円、子供(3歳~小学生)600円
     (※2歳未満は無料、いずれも当日券の税込み価格)


 なお入場時に記念品として、N700系中間車両786-3200がもらえる(有料入場者のみ/無料入場者除く)。

来場記念としてもらえる中間車両

 この値段を差し引けば、入場料として払うのはほぼ半額と考えていいだろう。これは安いぞ! なお50周年ということもあり、会場はかなり混雑が予測されるとのこと。できれば平日に足を運ぶといいだろう。  

 

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ