このページの本文へ

エントリー一眼の実力を試す

可変モニターは便利? ニコン「D5000」は買いか!?

2009年05月01日 12時01分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高感度撮影の画質をチェック!

 基本となる感度設定はISO 200~3200。ただし、明るい場所で絞りを開けたい場合やフラッシュが使えない暗い場所での撮影用に「Lo」と「Hi」が3段階用意されており、それぞれISO 100相当、ISO 6400相当での撮影ができる。

 「感度オート」の設定では、上限を400/800/1600/3200/Hi1(6400相当)に設定できる。またシャッタースピードの下限も同様に1~1/2000秒まで1/3刻みで設定可能だ。


感度による画像の違い

Lo1(ISO 100相当)

Lo1(ISO 100相当)

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

Hi1(ISO 6400相当)

Hi1(ISO 6400相当)

 ISO 800くらいまではそれほどノイズが気にならないレベルだ。ISO 6400に相当するHiにしても、極端に画質が落ちるわけではない。

 コントラストもHiでは多少高めになるが、気になるほどではないだろう。全体的に高画質を保ったまま感度が上がっている。6400相当まで含めて実用性は高い。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン