このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” 第46回

超高層ビルを愛するBLUE STYLE COM管理人の生き様

2009年04月20日 12時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 何気なく接している風景や食べ物でも、視点を変えればエンターテインメントになる。そうした楽しい価値観にいくらでも触れられるのがインターネット最大の魅力とも言えるだろう。

 当連載ではこれまでにも、廃道に人生を捧げる「山さ行がねが」や、ダム好きの好奇心を極限まで高めた「ダムサイト」、団地を娯楽に変えた「住宅都市整理公団」などの管理人さんに話を伺ってきた。

 今回のお相手は、高層ビルの魅力にとりつかれた「BLUE STYLE COM」のなかやん氏だ。日本国内のみならず海外の高層ビルにも自ら赴き、2003年から膨大なデータベースを構築し続けている。読者に高層ビルやマンションの鑑賞法を提示しながら、自身も高層マンションの高層階に住み、その景色を堪能している。まさに真の高層ビル愛好家だ。

 展望台に一人で行くだけで、いくらでも時間がつぶせるというなかやん氏。そのとき、脳内にはどんなエンターテインメントが広がっているのか。アドレナリンがどれだけ放出されているのか。高層ビル好き以外の人には想像しにくい世界だが、なかやん氏の価値観に触れれば共感の気持ちが芽生えるかもしれない。

BLUE STYLE COM

 高層ビル紹介サイトの大御所で、2003年から本格的にスタートしている。取材時の収録点数は1923件。ビル名称や住所などで検索する機能を備えており、近場や旅行先の高層ビルがまとめて調べられる。

 兄弟サイトに毎日更新のブログ「超高層マンション・超高層ビル」、ビル関連以外の情報を更新するブログ「BLUE STYLE 第二事業部」、東京スカイツリー完成までの定点観測を目的とした「東京スカイツリー定点観測所」も運営している。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン