このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

物欲AVコモノ道第2回

音質もすげぇのか! 最高峰ウォークマン X1060

2009年04月17日 13時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

無線LAN搭載でインターネットに接続可能

内蔵ウェブブラウザーは、画面の拡大/縮小や90度回転、画面に合わせたページレイアウトの再構成といった機能を搭載する 内蔵ウェブブラウザーは、画面の拡大/縮小や90度回転、画面に合わせたページレイアウトの再構成といった機能を搭載する

 冒頭で触れたが、X1060は高性能音楽プレーヤーというだけでなく、動画や写真も再生できる多機能マルチメディアプレーヤーとしての側面も強い。

 例えば、X1060では無線LAN機能(IEEE 802.11b/g)を内蔵し、「PodCast」の受信や内蔵ウェブブラウザーによるウェブページの閲覧を可能としている。

YouTube機能 YouTubeのおすすめ動画を表示。「FLET'S SPOT」や「BBモバイルポイント」といった公衆無線LANサービスにも対応しているので、外出先で暇になったときでもYouTubeで暇つぶしができる

 そんな中でも特筆すべきは、動画コンテンツのたまり場である「YouTube」の動画を直接再生できる機能だろう。わざわざパソコンを立ち上げるのは面倒なものだが、X1060ならサクっと立ち上げて動画が見られるのである。

 「FLET'S SPOT」や「BBモバイルポイント」といった公衆無線LANサービスに対応しており、屋外でもYouTubeを楽しめる。特にBBモバイルポイントとの接続は、初回にIDとパスワードを登録するだけで簡単に接続できる。

 YouTube動画のキーワード検索も可能なので、目的の動画を探すのに手間取ることもない。この機能だけを切り出して、YouTube専用端末として売り出してもウケるんじゃないと思うほどの出来映えだ。


有機ELで見るワンセグも素晴らしいが……

ワンセグ
ワンセグ放送を受信しているところ。録画もできる

 加えてワンセグ視聴と録画にも対応している。驚いたのは、録画時に自動的にCMを検出して記録してくれるということ。これにより再生中、簡単にCMスキップをすることができてしまう。何ともはや至れり尽くせりという印象だ。

 動画再生はAVC(H.264/AVC)、MPEG-4、WMVに対応している。同社のBDレコーダーとUSB接続することで、録画した番組を手軽に外出先で見られる「おでかけ転送」にも対応しているので、録画した番組を見たいのに時間がない! というありがちな悩みを一発で解消してくれる。

 動画再生やワンセグ視聴において威力を発揮するのは、3.0型の有機ELディスプレーである。特に高解像度の動画を再生したときは、それが3.0型であることを忘れて集中して見てしまうほどの美しさだ。

 ただ個人的には、さまざまな動画が見られるというのは「超豪華なオマケ」である。あくまで「音楽を再生する」ことにこだわり抜いていることが、X1060の最大の魅力だと感じた。

 久しぶりに「逸品」と呼べるデジタルガジェットに出会った、そんな気分になった1台だ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン