このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ワンセグ、無線LAN対応でテレビも動画もこれ1台で

至高の音&超多機能な新ウォークマン

2009年04月14日 12時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ウォークマン X」シリーズ
タッチスクリーンにより、画面のアイコンに指を触れることで機能を選択できる「ウォークマン X」シリーズ

 「ケータイで音楽を聞くけどバッテリーが気になる」という人も多いはず。動画/音楽再生は別のデバイスに任せてしまってもいいような気がするが、どうせなら、そこは高音質&多機能にこだわりたいところ。

 ソニーが4月25日に発売する予定の「ウォークマン X」シリーズは、同社が「ウォークマン史上最高峰」という程に音質と多機能性にこだわった機種だ。

 予測実売価格は、32GBメモリー内蔵の「NW-X1060」が5万円前後、16GBの「NW-X1050」が4万円前後。

AVアンプの技術をウォークマンに導入

付属のノイズキャンセリングヘッドフォンは、ウォークマン Xシリーズ専用だ
付属のノイズキャンセリングヘッドフォンは、ウォークマン Xシリーズ専用だ

 メインの機能である音楽再生は、同社のAVアンプやホームシアターシステムなどに採用されているデジタルアンプ「S-Master」により高音質化を実現している。ヘッドフォン視聴に特化し、音の歪みを抑えて原音を忠実に再生できる。

 また、外の騒音を98%カットするノイズキャンセリング機能を搭載。バスや飛行機、電車、オフィスなど、視聴する環境に合わせてノイズキャンセリングの特性を選択できる。


有機ELタッチディスプレーを搭載

動画を表示。有機ELパネルなので色が鮮やか
動画を表示。有機ELパネルなので色が鮮やか

 3型の有機ELディスプレー(432×240ドット)はタッチパネルになっており、画面上のアイコンにタッチして機能を操作したり、指をスライドさせて画面をスクロールしたりできる。

本体のボタン
タッチパネルだけでなく、本体のボタンでも再生操作が可能

 音楽の再生以外の機能も豊富で、動画(MPEG-4 AVCやMPEG-4、WMVなど)や静止画(JPEG)の再生、ワンセグ、FMラジオの受信ができる。ワンセグは録画もでき、録画した映像のCM位置を自動で検出し、再生時にはCMをスキップすることも可能だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン