このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPodスピーカー「iHome」の新作を大量激写だ!

2009年04月10日 12時30分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dockが動く! 新製品「iHome iP9」

 4月下旬に発売予定の新製品としては、iPhone 3G/iPod対応のアラームクロックラジオ「iHome iP9」が紹介されていた。想定価格は1万1800円。

iHome iP9

iHome iP9。カラーリングはガンメタリックのみ

 いちばんの特徴はDock部分が可動式ということ。iPod用スピーカーの上部には、iPhone/iPodを「ガコッ」と挿せるDockが用意されている。iPhone/iPodは各モデルでサイズが異なるが、ここにiPodに付属していたり、オプションで買った「Universal Dock アダプタ」を付けることで、ぴったり置けるようになるのだ。

 しかし、今や一家にiPod/iPodシリーズが何台もあるという状況も増えてきているだろう。そうした家族でひとつのiPodスピーカーをシェアするとなると、いちいちアダプターを付け替えるかえる必要がでてくる。これは面倒だ。

 そこでこのiP9の動くDockが役立つ。指でクルっとダイヤルを回せばすぐにDockの幅を調整できるため、いちいちアダプターを付け替える手間なく、さまざまなサイズのiPhone/iPodに対応できるのだ。

可動式Dock

これが可動式のDock。後ろのダイヤルを左右に回せば幅が変わる

動かしてみたところ

 iP9はアラームクロック付きなので、特定の時間が来たらiPhone/iPodの音楽を鳴らすことができる。しかも、毎日/平日/週末というスケジュールを選んだうえ、アラーム時間を2つ設定可能だ。

 米SDIによれば、ハイアットやヒルトンといった有名ホテルでも、iPodを持って訪れるお客のためにiHomeシリーズを導入しているとのこと。リビングにおいて家族でシェアしてもいいし、ベッドサイドで個人的に使っても大いに役立ってくれるだろう。

操作パネルが並ぶ本体上部

背面にあるライン入力を使えば、iPod以外の音楽プレーヤーでも再生できる

 ちなみに既存製品は6モデルを用意している(関連リンク)。オンラインのApple Storeでは、アラームクロック付きラジオの「iHome iP99」、ポータブルタイプの「iHome iP27」と「iHome iHM77」のほか、先のシネックスのサイトに掲載していない「iHome iP71」も扱っている。

iHome iP99。Apple Store価格は1万9800円

iHome iP27。1万4800円。スピーカーを倒して持ち運べるのが特徴。単3形乾電池4本で動作できる

iHome iHM77

iHome iHM77。7800円。2つのスピーカーの蛇腹を閉じるとコンパクトに。さらにスピーカー同士を底面に仕込まれたマグネットでくっつけて持ち運べる

iHome iP71。1万9800円。パソコンとUSBケーブルで接続して、iTunesとiPhone/iPodのデータを同期できる


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中