このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験!第3回

有名メーカー電池ガチンコ勝負! 連続使用決戦!

2009年04月12日 12時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

連続利用でコストパフォーマンスが高いのは?

 連続利用で最もコストパフォーマンスが高かったのは、やはり三菱の電池だ。OEM先に三菱が選ばれている理由が分かる気がする。

 小電流で連続利用にも間欠利用にも長持ちし、価格も安い三菱の電池は、ICレコーダや携帯音楽プレイヤー、リモコンに懐中電灯、時計や温度計など、まさにオールラウンダー。

 続くDURACELLは、短命ながら安さで勝負だ。とはいえ4本単位で購入したらランキングが変動する可能性が高い。

 東芝と三洋は、コスト的にはほぼ肩を並べる結果になったが、寿命的には軍配は東芝に上がる。コストパフォーマンス重視としている富士通R SPECは、連続利用でもやはり同社の乾電池のうち最もコスト的に優れており、宣伝に偽りなし!

 寿命ランキングでは1位を獲得した富士通G PLUSは、値段が高めということもあり、コストパフォーマンス的には6位という結果になった。

次回予告

 次回はプライベートブランドと100円ショップの電池を連続利用したときの実験結果をお届けしよう。やっぱりと言うか、意外と言うか、間欠利用と同様に大混戦になったので乞うご期待!

(次回へ続く)


前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ