このページの本文へ

驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験!第3回

有名メーカー電池ガチンコ勝負! 連続使用決戦!

2009年04月12日 12時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて、これまでは有名メーカーからプライベートブランド、100円ショップの電池をスイッチを入れたり切ったりして寿命を調べてきた。今回行なうのは連続使用だ。スイッチを入れたら最後、終止電圧と呼ばれる寿命になるまで、電池を使いっぱなしの状態にする。携帯オーディオプレイヤーや時計などの使い方と同じ状態を再現しての実験だ。

 その結果、間欠利用とはまったく異なった寿命を見せる電池が多数。長時間スイッチを入れっぱなしにする機器用の電池選びで参考になるだろう。

実験装置と実験の内容

 今回の実験は、電池の寿命になるまで点灯しっぱなし。前回は、気前よく電池2本を使って実験していたが、無駄に電池を使うのは心苦しくなってきたので、電池1本で実験することにした。それにともない、2.5V用の豆電球を1.2V用に変更した。

電池ホルダは2本用だが、1本に減らして実験。毎回2本の電池を無駄に使うのに躊躇ってしまった豆電球も2.5V(右)から、1.2V(左)のニップル球にチェンジ。ちなみに乳首に似てるから「ニップル」なのだ!

 電池はこれまでと同じアルカリ乾電池なので、終止電圧は1本あたり0.9Vだ。前回は2本を直列にし、終止電圧を0.2Vで割った1.6Vまで電圧を計測していたが、今回は1本なので0.1V割りの0.8Vまでの計測とした。

 実験途中で豆電球のフィラメントが切れるというアクシデントが何回か発生したが、苦難を乗り越えて実験だ! いやー、この実験ホントに時間がかかる……。

エントリーした有名メーカーの電池たち

 間欠利用のときと同じように、第3回では有名メーカーの乾電池に絞って紹介していこう。

メーカー 名称 型番 セット価格 セット本数 使用推奨期限 生産国
東芝アルカリ1LR6AG 4EC357円4本2013年8月日本
ソニーSTAMINA EXLR6SG-4BC420円4本2013年8月日本
三洋アルカリ乾電池LR6D-4BPY320円4本2013年12月インドネシア
富士通ワイドレンジ性能 G PLUSLR6G-PLUS(4B)460円4本2012年8月日本
富士通R SPECLR6RS(4B)340円4本2013年2月日本
富士通デジタル機器対応 D RANGELR6DR(4B)530円4本2013年4月日本
パナソニックアルカリ乾電池LR6XJK/4B490円4本2013年10月日本
マクセルダイナミックボルテージLR6EJK/4B590円4本2013年8月日本
パナソニックエボルタLR6XJK/4B490円4本2018年4月日本
DURACELLULTRA DIGITALMX1500980円16本2015年3月アメリカ
三菱POWERアルカリEXLR6(EXH)520円8本2014年1月日本
東芝 アルカリ1ソニー STAMINA EX三洋 アルカリ乾電池
富士通 ワイドレンジ性能 G PLUS富士通 R SPEC富士通 デジタル機器対応 D RANGE
パナソニック アルカリ乾電池マクセル ダイナミックボルテージパナソニック エボルタ
DURACELL ULTRA DIGITAL三菱 POWERアルカリEX

 間欠利用では、好成績をマークした三菱、東芝、マクセル、富士通D RANGEだが、連続で使った場合どのような違いが出てくるだろうか? そしてパナソニックのエボルタは、今度こそ性能を発揮できるのか?

(次のページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ